━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ やぶ医師のひとりごと     第 129 号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 H20年6月20日発行 購読者数 13048名
───────────────────────────
 ブログ: http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/
 _________________________
 <本日のテーマ> 慢性腎臓病(CKD)17
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「慢性腎臓病(CKD)」について。
まずは、先週までの復習。
●慢性腎臓病(CKD)とは
 腎臓の機能が低下し、腎臓が障害をおこした状態(病態)。
●慢性腎臓病(CKD)とは、具体的には、
 おしっこ(尿)からタンパクが出たり、
 腎臓の機能が100点満点中60点以下、
 というのが3ヶ月以上続いた状態(病態)。
●慢性腎臓病(CKD)の原因となる病気には、
 糖尿病、高血圧、慢性腎炎等がある。
●慢性腎臓病(CKD)のステージ分類
ステージ      重症度       進行度による分類
                   GFR(mL/min/1.73m2)
 1 腎障害はあるが、GFRは正常または亢進 ≧90
 2 GFR軽度低下             60-89
 3 GFR中等度低下            30-59
 
 4 GFR高度低下             15-29
 
 5 腎不全                <15
(下線は乗数です。m2はmの2乗です。)
●慢性腎臓病(CKD)の重要性
 慢性腎臓病(CKD)は、腎臓が悪いというだけでなく、
 動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳卒中になりやすくなる。
●慢性腎臓病(CKD)の頻度
 ○厳密に慢性腎臓病(CKD)の定義を当てはめると、
  日本には慢性腎臓病(CKD)の患者数は約2000万人。
 ○ただし、日本人というのは、元々腎臓が悪い人種なので、
  それを考慮すると、約400万人の患者がいる。
●慢性腎臓病(CKD)の検査
 ○血液検査、尿検査
●慢性腎臓病(CKD)の症状
 ○基本的には慢性腎臓病(CKD)に症状はない。
 ○ただし、慢性腎臓病(CKD)が進んで、
 
  腎機能がかなり悪くなったり、尿から大量にタンパク
  が出ている場合は、体がむくんだり、
  息が苦しいという症状が出る場合もある。
●慢性腎臓病(CKD)の原因となる病気1
 ○腎臓の機能が低下する原因
 1),腎臓をたくさん使って、腎臓が疲労してくる。
  具体的には年を取ること(加齢)
 2),病気で腎臓の機能が悪くなる。
●慢性腎臓病(CKD)の原因となる病気2
 (1)糖尿病(糖尿病性腎症)
 (2)慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)
 (3)高血圧(腎硬化症)、等
●慢性腎臓病(CKD)の治療
 1),食事療法
 2)、血圧をしっかり下げる
 3)、糖尿病の人は、血糖値をしっかり下げる
 4)コレステロールもしっかり下げる
 5)その他
 ○痛み止め(非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs))、
  造影剤、抗ガン剤等の薬は、たくさん使うと、
  腎臓の機能を悪くする場合がある。
 ○痛み止めの薬(非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs))は、
  自分である程度、量を調節できる場合があるので。
  なるべくであれば、使うのを控える。
 ○適切に水分を摂る、むしろ脱水には注意する
  具体的には一日に、1リットル~2リットル位。
「慢性腎臓病(CKD)」っていうのは、病気ではなく、
腎臓の機能が低下している状態(病態)です。
具体的には、腎臓の機能が100点満点中60点以下、
というのが3ヶ月以上続いた状態です。
腎臓が悪いと、動脈硬化が進んで、心筋梗塞とか脳卒中とか
恐ろしい病気になりやすくなっちゃうんですよ。
そいで、慢性腎臓病(CKD)って診断するためには、
血液検査や尿検査なんかの検査をするんですが、
慢性腎臓病(CKD)には、基本的には症状はありません。
で、腎臓の機能は年を取ったり、糖尿病や高血圧、
慢性腎炎のような病気になると悪くなるんですよ。
慢性腎臓病(CKD)の治療には、生活習慣の改善や、
血圧、血糖、コレステロールをしっかり下げる事が重要です。
それに、痛み止めなんかの薬は腎臓に悪いから、
自分でコントロールできるなら、飲み過ぎないでね!
っていう話でした。
そいじゃあ今日、「慢性腎臓病(CKD)の予防」についてです。
このメルマガで、慢性腎臓病(CKD)の前にやっていた
病気は、「心不全」についてでしたね。
その前にも、糖尿病とか高血圧とか高脂血症(脂質異常症)とか。
生活習慣病を中心に、いろんな病気について
解説してきたわけですけど。
それらの病気のほとんどについて、共通する事があります。
以前からこのメルマガを読んでくれている人や、
無料レポートで復習してくれている人ならわかるかな?
それは、病気の「治療」と「予防」は非常に似ている。
っていう事です。
なんにも原因がないっていうか、原因が今の医学では
わからない病気、っていうのもあるんだけど。
多くの病気は何か原因があって、そのせいで
病気になる、っていうパターンが多いです。
ま、原因っていうのは、一つではないんですけどね、普通は。
病気になる原因がわかっているのであれば、
病気になる前にそれを改善する、っていうのが「病気の予防」。
病気になった後に、それ以上病気を悪化させない、
っていうのが「病気の治療」ですからね。
生活習慣が原因で病気になったのであれば、それを改善して
病気にならないようにするっていうのが、「病気の予防」。
生活習慣を改善して、それ以上病気が悪化しないようにする、
っていうのが「病気の治療」ですから。
結局、やる事は同じなんですよね。
例えば、高血圧の予防は、塩分が一日10グラム以内で、
治療は塩分6グラブ以内、とか。
ちょっと厳しくなる、っていう違いはあるんですけどね。
基本的には、だいたい同じなんですよ。
言われてみれば、当たり前ですね。
もちろん、病気の治療っていうのはそれに加えて、
飲み薬や点滴の治療や、手術なんかもありますから。
それだけではないんですけどね。
そんな訳で、慢性腎臓病(CKD)の予防も、
慢性腎臓病(CKD)の治療と、基本的には一緒です。
もちろん、薬とかは使いませんけどね。
●慢性腎臓病(CKD)の予防
病気の予防っていうのは、だいたい治療と一緒だ。
という話を最初にしましたから。
慢性腎臓病(CKD)の治療について復習しましょうか。
●慢性腎臓病(CKD)の治療
 ○生活習慣の改善
 1),食事療法
 A)、塩分を一日に6グラム以内に制限する。
 B)、タンパク質を制限する。
 C)、基本的にはエネルギー制限はしない。
 (2)、水分を制限し過ぎない
 (3)、肥満を解消する
 (4)、禁煙する
 (5)、お酒はほどほどに
 2)、血圧をしっかり下げる
 3)、糖尿病の人は、血糖値をしっかり下げる
 4)コレステロールもしっかり下げる
 5)その他
2)以降は薬による治療とかも入ってくるから。
予防とはちょっと離れてしまいますけど。
「生活習慣の改善」に関しては、治療も予防も同じです。
高血圧の例でも書いたけど。
高血圧っていう病気がある人は、
塩分を一日に6グラム以内に制限するんだけど。
高血圧になっていない人の場合は、
一日に10グラム以内にしてくださいよ。
っていう話なんですけどね。
これは、慢性腎臓病(CKD)でも一緒です。
今のところ、塩分を一日に何グラム以内に抑えたら、
慢性腎臓病(CKD)になるのが予防できた。
っていう具体的なデーターはないんですけど。
塩分が多いと、血圧も高くなるし、
腎臓にも負担がかかりますからねー。
塩分制限はした方が良いと思われます。
ただ、慢性腎臓病(CKD)の場合は、
注目されたのが、ここ数年ですから。
確実な証拠っていうのはないんですよー。
残念ながら。
だから、一日に塩分10グラム以内。
って具体的な数値をあげるよりは、
「塩分を制限した方が良いよ。」
って事で理解してもらえば良いかな、とは思います。
その他、タンパク質についても、
はっきりした証拠というのはありません。
慢性腎臓病(CKD)ではなくって、別の腎臓病。
慢性腎炎(IgA腎症)という病気の場合は、
初期の段階ではタンパク制限は必要ない。
っていう風に言われていますので。
タンパク質に関しては、あんまり気にしなくても良いと思います。
エネルギーに関しても、「肥満」にならない程度
であれば、さほど気にしなくても良いと思いますよ。
ただ、肥満になると腎臓の機能が悪くなる、
っていう報告もあるようですので。
やっぱり、あんまり食べ過ぎたら良くないと思いますね。
タバコは吸わない方が良い。
お酒は控えめにした方が良い。
っていうのも、腎臓に限った事ではありませんから。
これは、やった方が良いんじゃないっすかね。
水分に関しても、基本的には正常な人であれば、
喉が渇いたら、勝手に水を飲みますからね。
あんまり気にしなくても良いと思いますよ。
ただ、慢性腎臓病(CKD)の治療のとこでも書いたけど。
高齢者の場合は、口渇中枢というところが、
感じにくくなって、喉の乾きをあまり感じない。
という事が良くあるので。
なるべく水分は摂る様にした方が良いと思われます。
そんな訳で今日は、慢性腎臓病(CKD)の予防についてでした。
実は、慢性腎臓病(CKD)っていうのは、
最近注目された概念なもんで。
予防に関しては、はっきりこれをやった方が良い。
っていうのはないんですよー。
どの教科書にも書いていません(涙)
だから、あんまりはっきりとした書き方ができないんですけど。
慢性腎臓病(CKD)っていうのは、他の生活習慣病のように、
動脈硬化が進むから悪いんだよ。
っていう主旨を考えれば、高血圧とか糖尿病とか、
高脂血症(脂質異常症)のような、
「他の生活習慣病と同じ様な生活習慣を心がける。」
っていう事で理解していただければ良いかと思います。
そいじゃあ、随分長かったけど、
慢性腎臓病(CKD)に関しては、今日で終了しまーす♪
今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきまーす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のまとめ】
●慢性腎臓病(CKD)の予防
 ○塩分を制限する。
 ○肥満にならないようにする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━