━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ やぶ医師のひとりごと     第 130 号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 H20年6月27日発行 購読者数 12927名
───────────────────────────
 ブログ: http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/
 _________________________
 <本日のテーマ> 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)1
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先週で「慢性腎臓病(CKD)」については終わって。
今日からは、新しい病気について解説していきますよー。
今週からはじまる、新しい病気は!
 「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」
なんとなく、聞いたこともあるかなー、この病気。
実は、「骨粗鬆症」っていうのも、生活習慣病なんですよ。
今までやってきた、高血圧や糖尿病、高脂血症(脂質異常症)。
それに、先週までやっていた慢性腎臓病(CKD)も
生活習慣病でしたね。
これらの病気は、循環器内科で、腎臓もやっている、
私にとっては専門の分野だったんですが。
「骨粗鬆症」っていうのは、「整形外科」の分野なんですよー。
全然、専門じゃないので、不十分なところもあると思いますけど。
今週からみなさんと一緒に、勉強していきますよ♪
●骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは
「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」っていうのは一言で言うと。
骨の量が減って、スカスカになり、
骨が弱くなっちゃって、骨折しやすくなる病気です。
骨っていうのは、主にカルシウムで出来ているんだけど。
それ以外にもタンパク質やリンなんかも含まれています。
骨に含まれるカルシウムなどの量(骨量)っていうのは、
若いときが一番多くって。
その後は、年齢とともに減ってきます。
骨量(主にカルシウム)が減ると、
骨の中の構造が壊れちゃって、
骨は非常にもろい状態になるんです。
もろくなったら、折れやすくなりますよね。
こういう状態が「骨粗鬆症」なんですよ。
骨粗鬆症の「しょう(鬆)」は「す」とも読みます。
粗は「あらい」っていう意味ですから。
「骨粗鬆症」っていうのは、骨が「す」のはいった
大根みたいにスカスカになってしまった状態って事っす。
そんな風に、骨がスカスカの状態なら、
当然、骨折もしやすいですよね。
若い人だったら、骨が折れても何週間か
ギブスで固定したら、自然に治ることも多いです。
ま、骨の種類とか場所によっては、
手術しなければならない事もあるんですけどね。
これだったら、そんなに問題はないんですけど。
問題は、「高齢者」が骨折した場合です。
お年寄りが骨折すると、「寝たきり」に
なっちゃう場合が非常に多いんですよー。
現在約90万人はいるって言われている
「寝たきり」の方の原因の3番目が、
「骨粗鬆症」による骨折です。
ちなみに1番は脳卒中、2番は老衰。
骨折して、寝たきりになっちゃったら、
やっぱ死亡率も高くなるんですよね。
そういう人は。
だから、単純に骨が弱い、っていうだけじゃなくって、
骨折しやすくなって、寝たきりとか死亡するとか。
そういう事が起こりやすくなる状態が、
「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」っていう病気だ。
って思っておいたら良いですよ。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきまーす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のまとめ】
●骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは
 ○骨の量が減って、スカスカになり、
  骨が弱くなっちゃって、骨折しやすくなる病気。
 ○骨折しやすくなって、寝たきりとか死亡するとか、
  そういう事が起こりやすくなる状態。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━