━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ やぶ医師のひとりごと     第 131 号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 H20年7月4日発行 購読者数 12979名
───────────────────────────
 ブログ: http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/
 _________________________
 <本日のテーマ> 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)2
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先週からは、「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」について。
まずは、先週の復習。
●骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは
 ○骨の量が減って、スカスカになり、
  骨が弱くなっちゃって、骨折しやすくなる病気。
 ○骨折しやすくなって、寝たきりとか死亡するとか、
  そういう事が起こりやすくなる状態。
骨粗鬆症(こつそしょうしょう)って病気は、
骨がスカスカになって、骨折しやすくなる病気です。
そいで、骨折したら寝たきりになったり、
そうなると死亡する確率も高くなっちゃう、
って話でした。
そいじゃあ今週は、骨粗鬆症の人って、どの位いるの?
って事で、骨粗鬆症の頻度と問題点についてです。
人間は誰でも、年をとれば筋肉は衰えるし、
心臓や腎臓等の、内臓の機能も低下します。
これ、当たり前ですね。
骨粗鬆症っていうのは、「骨が弱くなる病気」です。
簡単に言うと。
骨の場合も、筋肉や他の臓器と同じように、
年齢が高くなると弱くなりますから。
骨粗鬆症っていうのは、高齢者ほど多い病気です。
日本という国は、世界一長生きの国で、
しかも、どんどん寿命も伸びていますから。
それに伴って、骨粗鬆症の患者の数も増えています。
そいで、骨粗鬆症の患者がどの位いるか、
って話なんですけどね。
具体的には、日本では
約1000万人の患者さんがいる、と言われています。
骨粗鬆症は、日本だけでなくって、
アメリカやヨーロッパでも問題になっている病気で。
日本、アメリカ、ヨーロッパを合わせると、
約7500万人もいるんですよー。
すごい数っすね。
そいで、先週も書いた事だけど。
骨粗鬆症になると問題になるのが「骨折」なんです。
高齢者の寝たきりの原因のうち、
約20%が「骨折」といわれているんですけど。
その中でも「大腿骨(だいたいこつ)」っていう、
太ももの骨の骨折が、すごく問題になっています。
日本では一年間で、約12万人の人が
大腿骨の骨折している、って推測されていて。
そいで、そのうちの約10%が1年以内に亡くなって、
約30%は日常生活能力が低下する。
と、言われています。
日常生活能力が低下する、っていうのは、
寝たきりになっちゃったとか。
もしくは、前までは杖なしで歩いていたんだけど、
杖が必要になったとか、車いすになったとか。
そんな感じの事っすわ。
そんな訳で、骨粗鬆症って、たくさんの患者がいて。
そいで、骨折しやすくなっちゃって。
骨折したら、寝たきりとか、歩行が困難になるとか、
死亡する事も多い、って話でした。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきまーす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のまとめ】
●骨粗鬆症の頻度と問題点
 ○骨粗鬆症の患者は、日本では
  約1000万人いる、と言われている。
 ○骨粗鬆症になると、骨折しやすくなって、
  骨折したら寝たきりとか、歩行が困難になるとか、
  死亡する事も多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━