<本日のテーマ> 糖尿病の種類 (生活習慣病 1)

糖尿病の診断基準とは

まずは、前回の復習。

先週は糖尿病の診断基準についてでしたね。

●糖尿病の診断基準

1,空腹時血糖            126 mg/dl以上

2,75gOGTT(糖負荷試験)  200 mg/dl以上

3,随時血糖              200 mg/dl以上

細かい話ですけど、糖尿病の診断基準ってのがあって。

最低2回は採血をして、その値で診断する、って話でした。

糖尿病の種類

そいで、今日は、糖尿病の種類についてです。

糖尿病というと、生活習慣病(昔の成人病)というくらいだから、「食べ過ぎ」とか「運動不足」でなる、と思っている方は多いんじゃないですか?

ある意味では正しいのですが、厳密には違うんですよー。

なぜかっていうと、糖尿病にはいくつかの種類があるからです。

1型糖尿病、2型糖尿病、他の病気や薬剤によるもの、

そして妊娠糖尿病です。

それぞれに対して説明していきますね!

1),1型糖尿病

「インスリン」っていうのは、血糖を下げるホルモンです。

インスリンは膵臓のβ細胞というところで造られます。

この細胞が破壊されて、からだの中のインスリンの量が足りなくなる病気が「1型糖尿病」です。

これは食事とか、運動なんかとは全く関係がなく、子供のうちに始まることが多いんです。

以前は「小児糖尿病」とか、「インスリン依存型糖尿病」と呼ばれていました。

インスリンが自分で造れないので、子供の時から一生インスリンの注射が必要なんですよー。

西武ライオンズのジョンソン選手が、1型糖尿病ですね。

インスリンを持続注射しながら、野球をやっているんですよ。

2),2型糖尿病

皆さんがイメージする糖尿病というのが、このタイプです。

いわゆる生活習慣病ですね♪

たくさんおいしい物を食べて、運動をしないと、摂る量が使う量よりも多くなります。

そうなると、血糖値が高くなるので、人間の体は頑張って血糖を下げるインスリンをたくさん出します。

最初のうちはインスリンをたくさん出して血糖を下げる事ができるのですが、そのうち無理がかかって、働きが悪くなってしまいます。

それで、ずーっと血糖値が高くなります。

これが「2型糖尿病」です。

食事や運動などの「生活習慣」が関係している場合が多くって、わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプです。

だから生活習慣病って言うんですよ♪

「イメージ図」

たくさん食べる、運動しない

血糖値上がる

頑張ってインスリンを出す

一時的に血糖値下がる

でも、もっとたくさん食べる、運動しない

インスリンいくら出しても効かなくなる

ずっと血糖値高い

だんだん膵臓が疲れて、インスリンも出せなくなる

最終的にはインスリンを打たないといけなくなる

こんな感じでしょうか。

1型糖尿病の場合は、なってしまったら最初からインスリンの注射が必要になります。

2型の場合は、最初は薬を使ってインスリンを膵臓から出させればよいのですが、もっと悪くなると、外からインスリンを注射で補わないとならなくなります。

3),他の病気や薬剤によるもの

遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるものです。

薬剤が原因となる場合もあります。

4),妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病の事です。

名前の通りですね(笑)

新生児に合併症が出ることもあります。

妊娠中は糖尿病の薬は使えないので、一時的にインスリンの注射を使う場合が多いですね。

奇形の子供が生まれてしまう可能性が高くなるので、毎日何回も血糖値を測って、厳格な管理が必要です。

ホント、大変なんですよ~。

子供を産んだ後、正常に戻る人の方が多いのですが、人によってはその後本当の糖尿病になってしまう人もいるんです。

生活習慣病シリーズって事なので、以後の話は、糖尿病の中でも、「2型糖尿病」の事になりますよ!

そいじゃあ、今日はここまで。

いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●糖尿病の種類

○糖尿病にはいくつかの種類がある。

具体的には、1型糖尿病、2型糖尿病、他の病気や薬剤によるもの、そして妊娠糖尿病である。

○生活習慣病と言われる糖尿病は、2型糖尿病の事で、わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプである。

○1型糖尿病は、一生インスリンの注射が必要。

2型糖尿病は、薬が効かなくなったらインスリンの注射が必要。