<本日のテーマ> 糖尿病QアンドA

 

今週は、「糖尿病に関してのQアンドA」です。

基本的に、私、医療相談は受け付けていないのですが。

8/12の読売新聞にちょうど「糖尿病のQアンドA」が載っていたので、一部改変して、それを紹介させて頂きますね!

まずは、前回までの復習。

●糖尿病の診断基準

1,空腹時血糖            126 mg/dl以上

2,75gOGTT(糖負荷試験)  200 mg/dl以上

3,随時血糖              200 mg/dl以上

●糖尿病の種類

○糖尿病にはいくつかの種類がある。

具体的には、1型糖尿病、2型糖尿病、他の病気や

薬剤によるもの、そして妊娠糖尿病である。

○生活習慣病と言われる糖尿病は、2型糖尿病の事で、

わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプである。

○1型糖尿病は、一生インスリンの注射が必要。

2型糖尿病は、薬が効かなくなったらインスリンの注射が必要。

●糖尿病の合併症

糖尿病というのは、何年も何十年も血糖値が高い状態が続き、

血管や神経がぼろぼろにやられてしまう病気。

○「腎臓」に行く血管がやられる→糖尿病性腎症

「眼」の毛細血管がやられる→糖尿病性網膜症

手や足などの「神経」がやられる→糖尿病性神経症

この3つが糖尿病の3大合併症

○心臓に行く血管がやられる→心筋梗塞

頭に行く血管がやられる→脳梗塞

○他にも、下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)や、

皮膚の病気、等があり感染症にもかかりやすくなる。

●糖尿病の予防

○肥満にならなければ、糖尿病になる確率を減らせる。

○糖尿病や肥満の予防は食事、運動療法。

○食事は食べ過ぎないことと、栄養のバランスをとる事が重要。

○運動は有酸素運動をする。

目安は合計で1日20~30分。

○食事でも運動でも、まず出来ることから、「はじめる」事が大事。

●糖尿病の治療

○糖尿病の治療には食事、運動療法と薬物療法、

インスリン治療がある。

○食事に関しては、食べ過ぎない事と、

栄養のバランスをとる事が重要。

○運動に関しては適度な運動(有酸素運動)が最適。

○薬物療法やインスリン治療になっても、食事制限、

運動療法は必要。

○糖尿病だからといって、絶対に治らないという事はない。

早速ですが、本題に入っていきましょうか。

●糖尿病QアンドA

Q1、運転手をしていて、外食が多いのですが。

何に気をつけたら良いですか?

A1、ラーメン、そばといった単品が多くなりそうですね。

でも、できるだけ定食、それも揚げ物ではなく、和定食を選んで、毎日同じ物を繰り返し食べないようにしてくださいね。

Q2、糖尿病は遺伝的要素が強いのですか?

A2、遺伝的な影響はありますよ。

糖尿病は、全てが肥満では説明できません。

それほど太っていないのに、遺伝的にインスリン分泌が悪くて、糖尿病になりやすい人もいますよ。

Q3、運動のために歩くのは、食事の前と後のどちらが良いのでしょうか?

A3、基本的には食後の方が良いですよ。

食前よりは食後の方が、糖のコントロールには非常に有効です。

空腹でやると、かえって血糖を上げるというデーターもあります。

Q4、医療機関に行かずに糖尿病をチェックできますか?

A4、血糖測定器などで、自分で血糖を測る事は可能です。

でも、血糖だけがそれなりに良くても、合併症が進んでいるという心配もありますよ。

定期的に医療機関でチェックする事をお勧めします。

Q5、境界型の糖尿病は、どんな事に気をつければよいですか?

A5、血圧を正常に保ち、コレステロールや中性脂肪も一定以内におさまるような食生活、運動をする事。

100グラム単位で測れる体重計やデジタル血圧計を買って、自分でチェックする事も心がけたら良いかと思いますよ。

参照:読売新聞 2007.8.12

そいじゃ、今日で糖尿病については終わりでーす!

【今日のまとめ】

●糖尿病QアンドA

○なるべく塩分は控えて、バランス良く食べる

○糖尿病は遺伝が全てではないが、

遺伝的な要因もある。

○運動はできるだけ、食後が良い。

○自分でも血糖のチェックではできるが、できれば病院等の医療機関できちんと検査した方が良い。

○境界型糖尿病の人は、血糖だけじゃなくて、血圧やコレステロールの値も、要注意。

体重も測った方が良い。