<本日のテーマ> 高脂血症(脂質異常症)の予防 (生活習慣病 3)

第1回は高脂血症(脂質異常症)の診断基準。
第2回は高脂血症(脂質異常症)の原因。
第3回は高脂血症(脂質異常症)の合併症についてでしたね。

第4回の今日は、高脂血症(脂質異常症)の予防についてです。

高脂血症(脂質異常症)の予防

第2回の、高脂血症(脂質異常症)の原因から読んでいる読者さんの中には、どうすれば予防できるか、察しの良い方ならわかるかもしれません。

高脂血症(脂質異常症)の主な原因は

(1)食生活などの生活習慣によるもの
(2)遺伝的な異常によるもの
(3)ほかの病気などによるもの
(4)加齢によるもの

でしたね。

遺伝や年齢、他の病気はどうしようもないですから、食生活などの生活習慣を改善すれば、予防できそうですね。

高脂血症(脂質異常症)の8割以上は生活習慣が原因ですから、これを直せば、ほとんどは予防できます。

生活習慣を変える

で、その生活習慣ってのはどんなのかって言うと、過食、高脂肪食、運動不足などや、それによる肥満があげられます。
つまり、食事にからんだ要因がいちばん多いんです。
だから、高脂血症(脂質異常症)を防ぐにはまず、食事に気を配って、正しい食生活をする事が重要です。

食事)

1、栄養バランスの良い食事を取る。
2、カロリーを控えて、太らない。

まあ、この二つは当たり前で、他の生活習慣病である、高血圧、糖尿病の予防、治療でも同じです。
カロリーを抑えた適切な食事をすれば痩せるってのは、ホ●エモンを見ればわかりますね。
拘置所に3ヶ月入っていただけで、8キロ痩せてます。
こんな言い方するのもあれですが、食事療法の良い例です。
で、ここからが、高脂血症(脂質異常症)特有の食事です。

3、飽和脂肪酸より、不飽和脂肪酸を多くとる。
飽和脂肪酸というのは、おもに動物性脂肪ですね。
不飽和脂肪酸というのは、おもに植物性脂肪や魚の脂肪です。
オリーブ油には一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が含まれてます。
これは動脈硬化を促進する悪玉コレステロール(LDL)を下げ、動脈硬化を予防する善玉コレステロール(HDL)を上げる働きがあります。
油なのにオリーブオイルが高脂血症に良いっていうのは、聞いたことがある人もいるんじゃないですかね。
EPAとかDHAって言葉聞いたことありませんか?
コマーシャルなんかでもやってますよね。
頭が良くなるって事でも有名ですよね。
青魚に多く含まれるn-3系の多価不飽和脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)には中性脂肪を減らす働きがあります。
しかーも、EPAにはHDLを上げる働きが、DHAにはコレステロールを下げる働きがあるんですよ。
こりゃあ、食べるしかないっすね。

4.食物繊維をしっかりとる。
食物繊維といえば、便秘に良いって事で有名ですね。
食物繊維が多い食べ物といえば、緑黄色野菜や海藻です。
実は便秘だけでなくって、高脂血症にも良いんですよー。
なぜかっていうと、食物繊維を食べると、胆汁酸とくっついて、一緒に便に出してくれるんです。
胆汁酸の原料はコレステロールですから、コレステロールも一緒に外に出してくれるって事ですね。
だから当然、血液中のコレステロールも下がります。

5.高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
コレステロールの多い食品で有名なのは、卵ですね。
魚卵(いくら、すじこ、たらこ、かずのこ等)もですね。
他には肉類(特に霜降り肉)なんかですね。
ちょっとこういうサイトとかで調べれば、具体的に
たくさん載っていますよ。

→ http://tinyurl.com/he8s7

どの位控えた方が良いかってのを具体的に言うと、卵は一日一個までにした方が良いです。

6.中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。

こんなところですかね、食事に関しては。
コレステロールが高い人と、中性脂肪が高い人では、ちょっと違うのがポイントです。
両方とも高い人は、両方やって下さいね!

運動)

高脂血症(脂質異常症)の予防で、食事とならんで重要なのが運動です。
なぜかっていうと

1,とり過ぎたエネルギーを消費して、皮下や内臓に脂肪分が蓄積されるのを防いでくれる。
2,血行を促して血管の弾力をよくしたり、血管を広げて、血圧を下げ、動脈硬化を防いでくれる。
3, リパーゼ(体内での脂肪の流れがよくなるように調節する酵素の一つ)を活性化させ、悪玉コレステロール(LDL)を減らして
善玉コレステロール(HDL)を増やしてくれる。

以上の3つの理由からです。

具体的にどんな運動が良いかっての、わかりますか?

そうです。
「有酸素運動」です。

有酸素運動っていうのは、ウォーキングや軽いジョギング、平らなところでのサイクリングやゆっくりと泳ぐ水泳等です。
糖尿病、高血圧の予防や治療でも出てきましたね。
できれば一日30~45分位するのが望ましいです。

一回に30分とかの時間が取れなくても10分を3回とか4回って、分けても良いです。
あくまで有酸素運動なので、全力疾走とかでなくって、軽く汗をかいたり、息が切れる程度にしておいて下さいね。
ってなわけで、今日は高脂血症(脂質異常症)の予防についてでした。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●高脂血症(脂質異常症)の予防は食事と運動
●食事)
1、栄養バランスの良い食事を取る。
2、カロリーを控えて、太らない。
3、飽和脂肪酸より、不飽和脂肪酸を多くとる。
4.食物繊維をしっかりとる。
5.高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
6.中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。
●運動)
一日合計30~45分位の有酸素運動をするのが望ましい。