<本日のテーマ> 痛風の症状と経過

高尿酸血症と痛風。
第一回は、高尿酸血症の診断基準。
第二回は、痛風の原因と誘因。
第三回の前回は、高尿酸血症、痛風の頻度となりやすいタイプ、についてでしたね。

前回までのまとめ
●高尿酸血症の診断
年齢、性別に関わらず、血清尿酸値が7.0mg/dL以上。

●「高尿酸血症」の状態がさらに進んで、関節に炎症が起こって、痛くなる病気が「痛風」。

●痛風の原因
尿酸が体内で増えるタイプには、下の3つのタイプがある。
1]. 尿酸が作り出されやすいタイプ(産生亢進型)
2]. 尿酸が排泄されにくいタイプ(排泄低下型)
3]. 両方をあわせもつタイプ(混合型)

●痛風の誘因
1.食べ過ぎ(カロリーの多い食事や動物性食品)
2.アルコールの飲み過ぎ
3.肥満
4.ストレス
5.その他二次性のもの

●痛風のほとんど(99%)は男性。
女性の痛風は閉経前はまれ(約1%)で、ほとんどは閉経後(3~5%)に起こる。

●痛風になりやすいタイプ
積極的で行動力があって、競争心旺盛で、努力家で社会的に成功する人に多い、と言われている

痛風の症状と経過

第四回の今日は、痛風の症状と経過についてです。

尿酸値が高くなっちゃうと、高尿酸血症という病気になる。
そして、それが進むと痛風という病気になる。

単純に尿酸値がいくらになったから、痛風になって関節に痛みが出るって事ではなくって、ある誘因が重なると、痛みが出て痛風になる、って話でした。

でも、「痛風になると痛みが出るって言うけど、どこがどーいう風に痛くなるんだー。」って思った方もいるんじゃないですかね。
全くおっしゃる通りです。

それをこれから書きますので、焦らないで読んでいってくださいね!

痛風の痛みの違い

痛風発作(急性関節炎)
第二回、痛風の原因と誘因でも書きましたが、尿酸の血中濃度が高い状態が5年とか10年続くと、尿酸塩の結晶が、徐々に関節の内面に沈着してきます。
すると、ある日突然関節に激しい痛みが襲います。
これが痛風発作です。

尿酸塩を白血球が攻撃して急に関節に炎症が起こるんです。

この発作は普通1~2週間位でおさまりますが、おさまった後、尿酸値を適正に下げる治療をしないと、また再発するんですよ。

「関節、関節って言うけど、どこの関節よ」って思った人。
まあ、そう焦らんと。
これから書いていきますからね♪

痛風発作っていうのは、足の関節に炎症が起きる事が多いです。
ほとんどの場合1ヶ所だけに起こり、同時に複数の関節炎を起こすことはめったにありません。
痛風関節炎が一番多いのは、足の親指の付け根(第一中足趾節関節)です。
これが最も典型的ですね。

私が見た痛風の人は、ほとんどみんな、足の親指の付け根が痛いって言っていました。

次くらいに多いのが足関節(くるぶしの下の所にある関節)で、膝関節、手指遠位関節、肘関節、アキレス腱なんかにも起こります。
発作が起きる時間で多いのは夜間や早朝ですね。
突然激しい痛みで始まるって事が多いです。

発作時は関節の痛み、発赤、腫れが強く、歩くのもつらくなります。
痛風発作の症状(痛み)は、24時間以内にもっとも強くなって、たいていは1~2週間で完全になくなります。

痛風の慢性期
きちんと治療しないと痛風発作の間隔はだんだん短かくなって、発作が完全におさまらないうちにまた次の発作が起こるようになっちゃいます。
悪循環ってやつですね。

何回も同じ関節で発作を繰り返すと、そこの部位は、関節の変形や破壊も起こってきちゃいます。
発作の部位も一ヶ所にとどまらないこともあり、また、関節や筋肉、皮下などに尿酸結晶の塊(痛風結節)ができることもあります。

最初はただ痛かっただけなのに、徐々に関節が壊れてきたりするんですよー。
怖いですねー。

ま、こうなるまでには、最初の発作が起こってから、十数年かかるって言われているんですけどね。
若い時に発症した人や遺伝的因子の強い人は、尿酸値も高く、進行も早くなります。

さらに、その後も未治療のまま放置した場合は、同時に進行している合併症が慢性・悪化し、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで最悪の場合は、死んでしまうこともあります。
こっちの方がもっと怖いですねー。

合併症というのは、その病気がもとになって起こる、別の病気や症状の事です。
糖尿病、高血圧、高脂血症でも出てきたので、前からこのメルマガを購読している読者さんは、もうご存じですね。
「合併症」に関しては、次回詳しく説明しますからね。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●痛風発作は、ある日突然関節に激しい痛みが襲う。
●痛風発作の症状(痛み)は、24時間以内にもっとも強くなり、たいていは1~2週間で完全になくなる。
●痛風発作で一番多いのは、足の親指の付け根(第一中足趾節関節)。
足関節(くるぶしの下の所にある関節)、膝関節、手指遠位関節、肘関節、アキレス腱でも起こる事がある。
●何回も同じ関節で痛風発作を繰り返すと、そこの部位は、関節の変形や破壊も起こる。
●痛風発作の部位も一ヶ所にとどまらないこともあり、関節や筋肉、皮下などに尿酸結晶の塊(痛風結節)ができることもある。
●進行すると合併症が慢性・悪化し、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで最悪の場合は、死ぬこともある。