<本日のテーマ> 高尿酸血症と痛風の治療

高尿酸血症と痛風。
第一回は、高尿酸血症の診断基準。
第二回は、痛風の原因と誘因。
第三回は、高尿酸血症、痛風の頻度となりやすいタイプ。
第四回は、痛風の症状と経過。
第五回は、高尿酸血症、痛風の合併症。
第六回の前回は、高尿酸血症、痛風の予防についてでしたね。

前回までのまとめ

●高尿酸血症の診断基準
年齢、性別に関わらず、血清尿酸値が7.0mg/dL以上。

●「高尿酸血症」の状態がさらに進んで、関節に炎症が起こって、痛くなる病気が「痛風」。

●痛風の誘因
1.食べ過ぎ(カロリーの多い食事や動物性食品)
2.アルコールの飲み過ぎ
3.肥満
4.ストレス
5.その他二次性のもの

●痛風のほとんど(99%)は男性。

●痛風発作は、ある日突然関節に激しい痛みが襲う。

●痛風発作は、足の親指の付け根、足の甲に多く、足関節(くるぶしの下の所にある関節)、膝関節、手指遠位関節、肘関節、アキレス腱でも起こる事がある。

●合併症が悪化すると、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで最悪の場合は、死ぬこともある。

●高尿酸血症、痛風の予防、1
プリン体の多い食品を控える
プリン体の多い食品:精巣、卵巣、内臓、干物等。
具体的にはレバー、イクラ、スジコ、エビ、アンキモ等

●高尿酸血症、痛風の予防、2
おしっこをたくさん出す。
目安としては一日水分を2リットル飲む。
ただし心不全や腎不全のある人は注意が必要。
第七回の今日は、高尿酸血症、痛風の治療についてです。
糖尿病や高血圧、高脂血症等、他の生活習慣病と同じく、治療は、食事・運動療法と、薬物療法になります。
食事・運動療法に関しては、基本的には予防と同じです。
具体的には先週書いた。

●高尿酸血症、痛風の予防、1
プリン体の多い食品を控える
プリン体の多い食品:精巣、卵巣、内臓、干物等。
具体的にはレバー、イクラ、スジコ、エビ、アンキモ等

●高尿酸血症、痛風の予防、2
おしっこをたくさん出す。
目安としては一日水分を2リットル飲む。
ただし心不全や腎不全のある人は注意が必要。
が基本になります。

そして第二回でやった痛風の誘因の復習

●痛風の誘因
1.食べ過ぎ(カロリーの多い食事や動物性食品)
2.アルコールの飲み過ぎ
3.肥満
4.ストレス
5.その他二次性のもの
これら痛風の誘因になる事を、しない様にする事が痛風の治療とも言えると思います。

具体的には
1,食べ過ぎない
3の肥満って事とも関係があるんですが、食べ過ぎないっていうのは、カロリーを摂りすぎないって意味と、プリン体を多く摂りすぎないっていうのと両方の意味があります。

2,アルコールを飲み過ぎない
アルコールは尿酸の産生を促進し、しかも尿酸排泄を抑制します。
特にビール、発泡酒はお酒のなかでも特にプリン体が多いので、できるだけ止めた方がよいですね。

3,肥満にならない
医学的に肥満っていうのは、BMI>25の事を言います。
これも何回も出てきましたね!
BMI=体重(kg)/身長(m)/ 身長(m)
自分のBMIを知りたい人はここで計算してみて下さいね。
⇒ http://www2.health.ne.jp/check/bmi.html
で、肥満にならない為には
摂取カロリー < 消費カロリー
にすれば、体重は必ず減ります。

摂取カロリーっていうのは、食事のカロリー。
消費カロリーっていうのは、基礎代謝(何も運動とかをしないでも、消費されるカロリー)+運動で消費するカロリーです。
簡単に言うと、食べた分以上に運動すれば良いんですね!

ここで注意しなきゃならない事は、「有酸素運動」をして下さいって事です。
有酸素運動っていうのは、ウォーキングや軽いジョギング、平らなところでのサイクリングや、ゆっくりと泳ぐ水泳等です。

なんでかって言うと、激しい運動は尿酸値を上昇させるんです。
また、いきなり強い運動を行うと、痛風発作を誘発することがあるので、逆効果だからです。

せっかく良いと思ってやった事が、逆に悪さをする事もあるので、注意して運動して下さいね!

4,ストレスを貯めない
これができれば苦労しないんでしょうけどね(笑)
仕事をしていたり、人間関係の事なんかだと、なかなか難しいんですよね、実際は。
まあ、ストレスを完全にゼロにする事は不可能ですから。
あんまり無理をしないって事が大事でしょうね。
という訳で、今日はここまで。
来週は高尿酸血症、痛風の治療(薬物療法)についてです。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●高尿酸血症、痛風の治療、1
食べ過ぎない
●高尿酸血症、痛風の治療、2
アルコールを飲み過ぎない(特にビール、発泡酒)
●高尿酸血症、痛風の治療、3
肥満にならない
摂取カロリー < 消費カロリー となるように
有酸素運動を行い、食事も調節する。
●高尿酸血症、痛風の治療、4
ストレスを貯めない