<本日のテーマ> 高尿酸血症、痛風の治療 2

高尿酸血症と痛風。
第一回は、高尿酸血症の診断基準。
第二回は、痛風の原因と誘因。
第三回は、高尿酸血症、痛風の頻度となりやすいタイプ。
第四回は、痛風の症状と経過。
第五回は、高尿酸血症、痛風の合併症。
第六回は、高尿酸血症、痛風の予防。
第七回の前回は、高尿酸血症、痛風の治療についてでしたね。

前回までのまとめ

●高尿酸血症の診断基準
年齢、性別に関わらず、血清尿酸値が7.0mg/dL以上。

●「高尿酸血症」の状態がさらに進んで、関節に炎症が起こって、痛くなる病気が「痛風」。

●痛風の誘因
1.食べ過ぎ(カロリーの多い食事や動物性食品)
2.アルコールの飲み過ぎ
3.肥満
4.ストレス
5.その他二次性のもの

●痛風のほとんど(99%)は男性。

●痛風発作は、ある日突然関節に激しい痛みが襲う。

●痛風発作は、足の親指の付け根、足の甲に多く、足関節(くるぶしの下の所にある関節)、膝関節、手指遠位関節、肘関節、アキレス腱でも起こる事がある。

●合併症が悪化すると、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで最悪の場合は、死ぬこともある。

●高尿酸血症、痛風の予防、1
プリン体の多い食品を控える

●高尿酸血症、痛風の予防、2
おしっこをたくさん出す。

●高尿酸血症、痛風の治療1
食べ過ぎない

●高尿酸血症、痛風の治療、2
アルコールを飲み過ぎない(特にビール、発泡酒)

●高尿酸血症、痛風の治療、3
肥満にならない
摂取カロリー < 消費カロリー となるように有酸素運動を行い、食事も調節する

●高尿酸血症、痛風の治療、4
ストレスを貯めない

高尿酸血症、痛風の治療

第八回の今日は、高尿酸血症、痛風の治療 2です。
前回は治療でも、食事、運動療法について書いたので、今回は薬物療法についてです。

薬物療法だから、医者が出す薬を飲む事。
終了―――――。

って言ったら怒りますよね。
いや、冗談ですので、怒らないでくださいね!

薬物療法の前に、痛風の発作が起きた時に自分でできる事があるので、まずはそれをやって下さいね。

具体的には
●患部を冷やす。
●発作の起こった関節を安静にする。
できるだけ歩かないで、運動は控える。
患部のマッサ-ジはしない。
●お酒は飲まない。
そいで、その後に、
●できるだけ早く病院に行くこと。
って事っす。

薬物療法

で、本題の薬物療法についてです。

痛風というのは、尿酸値が高いとなる病気なので、尿酸値を下げる薬を飲むってのが基本になります。
いくつか薬にも種類があるんですが、まあそれは医者に任せましょう。

そして、痛風の治療です。

痛風の発作時に使用する薬には2種類あります。
ひとつは痛風発作の直前、または発作になった直後に飲んで、発作を未然に防いだり、症状の進行を抑える薬です。

この薬はコルヒチンって言います。
コルヒチンって薬は、発作が起きてかなり痛みが出てから飲んでも意味がないんです。

というか、逆に副作用もあるので、使っちゃ駄目です。
まあ、最近はこの薬自体ほとんど使わなくなりましたけどね。
もうひとつは、発作が起きてものすごーく痛くなったのを、とにかく痛みを和らげるために使われる薬です。

いわゆる、痛み止めってやつですね。
消炎鎮痛剤とも言います。
頭痛薬とか、高熱が出た時に飲んで下さいねって言われて病院から貰う薬と、基本的には一緒です。
痛風発作が起きてから、慌てて尿酸を下げる薬を飲むと、かえって炎症がひどくなることがあるので、飲んじゃ駄目です。

ただし、もともと服用していて発作が起きた場合は、そのまま飲んでくださいね。

今まで飲めって言われていて、勝手に止めていたのを、発作が出たから飲むってのは駄目って事ですから。
ま、結局痛風発作が起きたら、安静にして痛み止めを飲んで、発作が収まるのを待つしかないって事っす。

というわけで、今回で高尿酸血症、痛風については終了です。
今までに言ってきた通り、一番大切なのは、高尿酸血症、痛風にならない為の予防です。

なってしまうと、痛発作が起きて痛い目にあうって事もありますが、一番怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全なんかを合併して、死んでしまうかもしれないからです。

その為に、食事はプリン体を制限したり、カロリーも制限して、有酸素運動をして、体重を減らす。

そして、水分を多めに摂って、おしっこを出すって事ですね。
という訳で、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●痛発作が起こったら患部を冷やす。
発作の起こった関節を安静にする。
できるだけ歩かないで、運動は控える。
患部のマッサ-ジはしない。
お酒は飲まない。
できるだけ早く病院に行く。

●痛風発作の直前、または発作になった直後に飲む。
薬の名前はコルヒチン。
ただし、現在はほとんど使われていない薬。

●痛風発作が起きてものすごーく痛くなったら消炎鎮痛剤を飲む。
この時、尿酸を下げる薬を、新たに飲んではいけない。