<本日のテーマ> 高尿酸血症、痛風の治療3

高尿酸血症と痛風。
第一回は、高尿酸血症の診断基準。
第二回は、痛風の原因と誘因。
第三回は、高尿酸血症、痛風の頻度となりやすいタイプ。
第四回は、痛風の症状と経過。
第五回は、高尿酸血症、痛風の合併症。
第六回は、高尿酸血症、痛風の予防。
第七回は、高尿酸血症、痛風の治療1。
第八回の前回は、高尿酸血症、痛風の治療2でしたね。

前回までのまとめ

●高尿酸血症の診断基準
年齢、性別に関わらず、血清尿酸値が7.0mg/dL以上。

●「高尿酸血症」の状態がさらに進んで、関節に炎症が起こって、痛くなる病気が「痛風」。

●痛風の誘因
1.食べ過ぎ(カロリーの多い食事や動物性食品)
2.アルコールの飲み過ぎ
3.肥満
4.ストレス
5.その他二次性のもの

●痛風のほとんど(99%)は男性。

●痛風発作は、ある日突然関節に激しい痛みが襲う。

●痛風発作は、足の親指の付け根、足の甲に多く、足関節(くるぶしの下の所にある関節)、膝関節、手指遠位関節、肘関節、アキレス腱でも起こる事がある。

●合併症が悪化すると、腎不全や脳卒中、心筋梗塞などで最悪の場合は、死ぬこともある。

●高尿酸血症、痛風の予防、1
プリン体の多い食品を控える

●高尿酸血症、痛風の予防、2
おしっこをたくさん出す。

●高尿酸血症、痛風の治療1
食べ過ぎない

●高尿酸血症、痛風の治療、2
アルコールを飲み過ぎない(特にビール、発泡酒)

●高尿酸血症、痛風の治療、3
肥満にならない
摂取カロリー < 消費カロリー となるように有酸素運動を行い、食事も調節する

●高尿酸血症、痛風の治療、4
ストレスを貯めない

●痛発作が起こったら患部を冷やす。
発作の起こった関節を安静にする。
できるだけ歩かないで、運動は控える。
患部のマッサ-ジはしない。
お酒は飲まない。
できるだけ早く病院に行く。

●痛風発作が起きてものすごーく痛くなったら消炎鎮痛剤を飲む。
この時尿酸を下げる薬を、新たに飲んではいけない。

高尿酸血症、痛風の治療

第九回の今日は、高尿酸血症、痛風の治療 3です。

あれ、前回で高尿酸血症、痛風については終わったんじゃないの?
って思った人。
ごめーーーーーん。
まだ終わってなかったわ。
全部書いたつもりだったんだけど、まだ言い残した事があったのと、前回の訂正もあったので、今回も第九回って事で、よろしくね!

まずは前回の訂正と、ちょっと表現に語弊があったかもしれない点があったので、補足。

コルヒチンって薬を、発作がでる前とか、発作の直後に飲む事もあるけど、副作用の問題もあるので、現在はあまり使われていない。
って表現があったのですが。

あまりどころか、よっぽどベテランの医師以外は、全く使わない、という意見をいただきました。

まあ、私も使った事はないんですけどね、コルヒチン。
痛風治療のガイドラインにも載っていた薬なので、一応書いたんですけどね。
だから、痛みが出る前とかなんとかで使い分けるっていうのではなく、痛み止めの使い分けはしないで、痛みが出たら、消炎鎮痛剤を飲んで下さいって事っす。

それともう一つ。
大事なのは高尿酸血症、痛風にならない為の予防です。
高尿酸血症、痛風になってしまうと、痛発作が起きて痛い目にあうって事もありますが、一番怖いのは、心筋梗塞や脳梗塞、腎不全なんかを合併して、死んでしまうかもしれないからです。

この表現だと高尿酸血症、痛風になったら直接、心筋梗塞や脳梗塞になってしまうように誤解されたかもしれません。

前から読んで頂いている読者の方は、第五回、合併症のところで、高尿酸血症、痛風+高血圧や糖尿病、高脂血症が重なると心筋梗塞や脳梗塞になりやすい。
って書いたので、わかるかもしれませんが。

最近読み始めた人にとっては、ちょっと誤解を招く表現でしたね、すいません。

高尿酸血症や痛風になる人は、肥満や生活習慣に問題のある人が多いんです。
すると、高血圧や糖尿病、高脂血症なんかも合併して心筋梗塞や脳梗塞なんかになって、最悪の場合は死んでしまうかもしれないって事です。
尿酸の値を下げるだけで、全てが解決する訳ではないですよ!

治療の目的

そいで本題。
治療の目的)
前回、前々回といろいろ書きましたが、まとめると

1)痛風発作の発症を抑えるために、尿酸値をコントロールする。
2)尿酸結晶の沈着に伴う合併症である腎障害、尿路結石までに進行させないこと。
3)虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳血管障害の発症率を高くする誘因でもある高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病の併発を防ぐ。

この3つです。

上にも書いたように、他の生活習慣病を合併して心筋梗塞や脳梗塞等になっちゃう事もあるから、生活習慣そのものを改善してくださいね!

それで、ここからが追加。
高尿酸血症とか痛風っていうのは、尿酸値が高い病気です。
で、その治療って事は、尿酸値が上がったら、それを下げる治療をするって事になります。

適当に下げれば良いってもんでもないし、どれだけ高かったら治療を開始するとか、どの位の尿酸の値を目標に下げると良い、って事がきちんと決まっているんです。

医者に任せても良いかなって思って、最初は書かなかったんだけど、治療して採血とかして、せっかく尿酸値を測ってるんだから、自分でも知っておいた方が良いかな、って思って書く事にしました。

■6-7-8のルール
尿酸の値は、
目標値=6mg/dl以下
正常値=7mg/dl以下
治療開始値=8mg/dl以下

ってのがあるので、6-7-8のルールって言います。

尿酸値が7mg/dl以上なら高尿酸血症なんだけど、薬を飲んだら、6mg/dl以下になるようにするって事っす。

その中でも、痛風発作がある人は尿酸値7mg/dl以上なら、すぐ薬を飲むとか、合併症(腎障害、尿路結石・高血圧・高脂血症、狭心症、心筋梗塞、糖尿病など)があれば8mg/dl以上で薬を開始。

合併症がなければ9mg/dl以上で薬を開始するとか、結構細かくあるんですけどね。

それ以上細かく知りたいって人はこちらからどうぞ!
→  http://tinyurl.com/m5apn

という訳で、今日は高尿酸血症、痛風の治療3、追加と補足でした。
今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●高尿酸血症、痛風の治療、まとめ

1)痛風発作の発症を抑えるために、尿酸値をコントロールする。
2)尿酸結晶の沈着に伴う合併症である腎障害、尿路結石までに進行させない。
3)虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳血管障害の発症率を高くする誘因でもある高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病の併発を防ぐ。

●6-7-8のルール
尿酸の値は、
目標値=6mg/dl以下
正常値=7mg/dl以下
治療開始値=8mg/dl以下