●熱中症とは

夏の暑い日等に、サッカーやジョギング、ゴルフなどの激しい運動をする。
→汗がどんどん出る。
→水分補充しない。
→体に熱がこもる
→体温40℃などの異常高熱。
→更に脱水状態が進む。
→手足のけいれん、吐き気、失神、
ひどいときには意識障害を起こして、ショック症状で死に至ることもある病態。
(あくまでも一つの例ですよ)

熱中症は死んでしまう事もある、怖い病態ですけど、正しい予防法を知っていれば、防ぐ事ができるし、正しい応急処置ができれば、命を救う事もできます。
という話でした。

熱中症の症状とは

では、今回は、じゃあどういう症状だったら熱中症なんだ。
って思った人の為に。
熱中症2は、熱中症の症状についてです。

昔は熱中症を、「熱痙攣」、「熱疲労」、「熱射病」の3つに分類していたんですが。
言葉も難しいし、わかりにくいので、今は症状によって、重症度を分類する場合が多いです。

◎熱中症の症状
■重症度I
○めまい、立ちくらみがある。
○汗がふいてもふいてもでてくる
○筋肉のこむらがえりが痛い
■重症度II
○頭が、がんがんする(頭痛)
○吐き気がする、吐く
○体がだるい(倦怠感)
○判断力、集中力が低下する
■重症度III
○意識がない
○体がひきつる(痙攣)
○高い体温である
○呼びかけに対し、返事がおかしい
○真っ直ぐに歩けない、走れない
ちょっと個別に解説しますね。
ちなみに重症度は、Iの方が軽くて、IIIが一番重症です。
■重症度I
○めまい、立ちくらみ、失神
「脱水状態」になると、立ち上がった時に「ふわっとする感じ」
いわゆる立ちくらみの状態になりやすくなります。
これは、脳への血流が瞬間的に不十分になった事を示し、「熱失神」と呼ぶ事もあります。
○筋肉のこむらがえりが痛い、筋肉痛・筋肉の硬直
汗をなめた事ありませんか。
汗ってしょっぱいんですよ。
って事は、たくさん汗をかくと、塩分が不足しますよね。
汗が出て、塩分が欠乏すると「こむらがえり」が起こります。
これを「熱痙攣」って呼ぶ事もあります。
■重症度II
○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
脱水が進行して、更に体に熱がこもってくると、
体がぐったりする、力が入らないなどの症状がでます。
これを、「熱疲労」って呼ぶ事もあります。
■重症度III
○意識障害、痙攣、手足の運動障害
さらに進むと、呼びかけや刺激への反応がおかしい。
体にガクガクとひきつけがある。
真っ直ぐ走れない、歩けない等の症状が出ます。
○高体温
前回も書きましたが、汗をたくさんかくと、脱水になり、それ以上汗をかく事ができなくなって、体に熱がこもります。
だんだんこもってくると、体温が40℃位になる事もあります。
その位体温が高いと、触ったら「熱い」って感じますよね。
従来から「熱射病」や重度の「日射病」と言われていたものがこれに相当します。
重症度IIIまでいったら、すぐに適切な処置をしないと、命を落とす事もある、危険な状態です。

じゃあ、適切な処置って一体なんなんだ?って思った方。

そこらへんに関しては、次回以降でお話しますね。
ということで、熱中症の症状についてでした。
今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

◎熱中症の症状
■重症度I
○めまい、立ちくらみがある。
○汗がふいてもふいてもでてくる
○筋肉のこむらがえりが痛い
■重症度II
○頭が、がんがんする(頭痛)
○吐き気がする、吐く
○体がだるい(倦怠感)
○判断力、集中力が低下する
■重症度III
○意識がない
○体がひきつる(痙攣)
○高い体温である
○呼びかけに対し、返事がおかしい
○真っ直ぐに歩けない、走れない
参考:熱中症保健指導マニュアル2006