●熱中症とは
夏の暑い日等に、サッカーやジョギング、
ゴルフなどの激しい運動をした時などに、
体に熱がこもってしまう病態。

◎熱中症の症状
■重症度I
○めまい、立ちくらみがある。
○汗がふいてもふいてもでてくる
○筋肉のこむらがえりが痛い
■重症度II
○頭が、がんがんする(頭痛)
○吐き気がする、吐く
○体がだるい(倦怠感)
○判断力、集中力が低下する
■重症度III
○意識がない
○体がひきつる(痙攣)
○高い体温である
○呼びかけに対し、返事がおかしい
○真っ直ぐに歩けない、走れない

熱中症は死んでしまう事もある、怖い病態ですけど、正しい予防法を知っていれば、防ぐ事ができるし、正しい応急処置ができれば、命を救う事もできます。
という話でした。

熱中症の予防

熱中症は、正しい予防法ができれば防ぐ事ができるって事で、今回は、熱中症の予防についてです。

熱中症というのは、体に熱がこもる病態です。
だから、暑い日でも寒い日でも、同じ様な確率で起こる、という訳ではないんですよ。
それは、なんとなくわかりますね。

熱中症になりやすい環境というのがあって、それは具体的には下で述べるような環境です。

○熱中症が起こりやすい環境

気温が高い
風が弱い、日差しが強い
照り返しが強い
急に暑くなった

具体的には、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や、梅雨明けの蒸し暑い日など、身体が暑さに慣れていない時に熱中症は起こりやすいです。

特に高血圧症の人や、心臓病持ちの人、高齢者などは要注意です。

熱中症に対する注意点

では、そういう熱中症になりやすい環境の時には何に注意したら良いのでしょうか。

■熱中症を防ぐための注意事項
1)暑さを避ける
具体的には、日陰を選んで行動する。
日傘をさしたり、帽子をかぶる。
すだれ、カーテン等で、直射日光を避けて、風通しを良くする、なんかですね!

2)服装に工夫をする
太陽の光に当たる時は、熱を吸収して暑くなる黒色系の服は止めた方が良いですね。
汗をかく時の下着は、吸水性の良い素材のものが良いです。
また、襟元はなるべくゆるめて、通気を良くしましょう。

3)こまめに水分を補給する
のどの渇きを感じたって事は、身体の中の水分が減り始めたってサインです。
できればのどが渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。
気温の高いとき、運動などで汗を多くかいたときは早めに、ゆっくりと少しずつ水を飲みましょう。
水分と塩分を同時に補給できる「スポーツドリンク」がお勧めです!
アルコールは利尿作用があるので、水分を摂った分以上におしっこが出ちゃいますので、止めてくださいね。

4)急に暑くなる日に注意する
例年、熱中症の発生は梅雨入り前の5月頃から増え始め、7月下旬から8月上旬に多発する傾向があります。
人間が上手に汗をかくことができるようになるためには、慣れが必要ですから、暑さに慣れていないこの時期に最も注意が必要です。
急に暑くなる日や、熱帯夜の翌日は要注意ですよ!

5)個人の条件を考慮する
熱中症の病態というのは、汗がたくさん出て、熱が身体にこもってしまう状態です。
なので、元々水分が少ない人や、熱が高い人はなりやすいです。
具体的には、風邪などで発熱してる人、下痢などで脱水状態の人。
そして、暑さを外に逃がしにくい皮下脂肪の暑い人。
その他には、暑さに鈍感になりがちな高齢者。
もともと涼しい環境で育った人。
心肺機能の悪い人。
自律神経や循環機能に影響を与える薬を飲んでいる人。
こういった人達は、他の人より熱中症になりやすいので、特別に注意しなければなりません。

6)集団活動の場では、お互いに配慮する
集団行動の時、特に学校での体育の授業なんかですね。
先生や責任者は、暑さが避けられない場所での作業は、なるべく短時間で済ませるようにしてください。
そして、こまめに水分や塩分を補給させてあげてください。
ということで、熱中症の予防、注意点についてでした。

今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきますね。

【今日のまとめ】

●熱中症が起こりやすい環境
気温が高い、風が弱い、日差しが強い
照り返しが強い、急に暑くなった日、等
●熱中症を防ぐための注意事項
1)暑さを避ける
2)服装に工夫をする
3)こまめに水分を補給する
4)急に暑くなる日に注意する
5)個人の条件を考慮する
6)集団活動の場では、お互いに配慮する
参考:熱中症保健指導マニュアル2006