●食中毒の原因
食べ物や水の中に含まれる細菌、ウイルス、自然毒等

●食中毒の症状
最も多い症状は、腹痛、下痢、嘔吐。
ひどいものは、血便や頭痛、意識障害等も。
場合によっては、死亡する事もある。
熱が出たり、下痢、腹痛がひどい場合、集団で感染した場合等は、必ず病院を受診して下さいね!

●食中毒の時期
7~9月の夏に食中毒の発生が最も多いが、冬等、他の季節にも起こりうる。
第二回の今日は、食中毒の予防についてです。
食中毒の原因は、食べ物や水の中に含まれる細菌、ウイルス、自然毒なんかですから。
それを食べたり飲んだりしなきゃ良いんですね、要は。
自然毒っていうのは、毒キノコやフグ等ですから、これは、食べないでくださいって言うしかありません。
何を食べたらいけないかって事を覚えて、食べないでください。
細菌やウイルスっていうのは、そのものを食べたくて食べているわけではないんですね。
当たり前ですけど。
知らないうちに、いつの間にか食べ物の中で増殖して、それらを食べてしまうから、困るんですよ。

食中毒の予防の三大原則

そこで、食中毒の予防の三大原則といわれているのは、

1.つけない(清潔)
2.ふやさない(迅速、冷却、乾燥)
3.やっつける(加熱など)

です。

例によって、それぞれについて見ていきましょう!

1,つけない(清潔)

生の魚介類や肉類には食中毒の原因となる菌がたくさんくっついています。
これらの食材自身は、加熱をし、殺菌して食べたり、あまり時間を置かずに食べるなどすれば、食中毒を防止できます。

しかーし、盲点があるんですよ。

それは、これらを加工調理した器具に付着した菌です。
細菌がくっついた食材そのものは、すぐに加熱して、殺菌したとしますね。
でも、その菌が包丁やまな板にくっついたまま、時間が経ったら、菌がどんどん増えていってしまうんです。
そして、その菌が調理器具を経由して生で食べる食材に付着してしまうことがあるんですよ。

こうならない為に一番簡単にできて、効果的なのは、包丁やまな板を、こまめに洗うって事です。
更に、魚介類・肉類用の調理器具と、野菜など用の調理器具を分けるのも効果的です。

特にまな板は一般家庭の調理でも、魚介類・肉用とその他用で分けることが望ましいです。
でも、実際は複数のまな板を準備するのは難しいですよね!

そんな時は、まな板の両面で使い分けるだけでも効果がありますよ。

調理器具の洗浄と同じくらい大事な事は、手洗いです。

糞尿には菌がとーってもたくさん含まれているので、調理中にトイレに行った場合には、必ず石鹸で手を洗ってくださいね。
もちろん調理の前に手を洗う事は当たり前ですけどね!

日本では、水道水の場合はほとんど問題になることは無いですけど。
食材を洗う水に菌が混入していることもあるんです。
キャンプなどで、川の水で洗った野菜を生で食べる時なんかは、川の水に菌が入っている事があるので、注意してくださいね!

2.ふやさない(迅速、冷却、乾燥)

10℃以下だと菌の増殖は鈍って、-15℃くらいで、菌の増殖が停止するって言われています。

でも、冷やしただけでは、菌が死んじゃうわけではないんですよ。
一度冷凍した食材でも、解凍したら、また菌は増えるし、保存温度が十分に低くない場合には、ゆっくりなんですが、徐々に菌は増えていきます。

冷蔵庫にたくさん、物を入れすぎていませんか?

冷蔵庫に食材をたくさん詰め込みすぎたら、冷気の循環がうまく行かなくって、場所によっては十分に冷却されないって事があるんですよ!

最大容量の7割以上の食材を入れないって事が。
冷蔵庫の正しい使い方ですからね。

それと、冷蔵庫でせっかく冷やしても、出した後、長い時間放置していたら、意味がないですよね。
冷蔵庫から出したら、早めに食べるか加熱してくださいね!

高濃度の塩分には菌の増殖を抑える効果があります。
でも、そんなにしょっぱい物を、直接は食べませんよね、普通。

梅干しとか以外は、塩抜きをしてから食べますよね。
そういう時には、塩抜きした後は細菌が増殖しますから、塩抜きした後は早めに食べて下さいね!

また、菌によっては比較的高濃度の塩分でも、増える事が可能ですので、油断したらだめですよ。

細菌の増殖には「水」が欠かせないんです。
だから、乾燥させることは食中毒の予防になります。

干物はなかなか腐らないですよね。
でも、一部の食材を除いて、食材を完全に乾燥させることはできないので、これが重要になるのは「調理器具」です。

包丁やまな板、それにふきんなんかは、洗った後風通しの良い場所に置いて乾燥させてくださいね。
ということで、今日は食中毒の予防についてでした。
今日はここまで。

長くなっちゃったので、食中毒の予防
3.やっつける
については、次回解説しますね。

いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●食中毒の予防の三大原則
1.つけない(清潔)
○食材だけでなく、包丁やまな板も、こまめに洗う。
○魚介類・肉類用の調理器具と、野菜など用の調理器具を分けるのも効果的。
○調理前、トイレに行った後は、石鹸で手を洗う。

2.ふやさない(迅速、冷却、乾燥)
○冷却しただけでは、菌が死ぬわけではない。
○冷蔵庫に食材をたくさん詰め込みすぎないで、しっかり冷やす。
○冷蔵庫から出したり、塩抜きした後は、早めに食べるか加熱する。
○包丁やまな板、ふきん等は、洗った後
風通しの良い場所に置いて乾燥させる。

3.やっつける(加熱など)