まずは、前回の復習。

●くも膜下出血とは
○「脳」は非常に大事な臓器なので、「3重の膜」で覆われている。
○そのうち、「くも膜」の下(内側、脳側)にたくさんある血管が傷んで切れて血が出る病気が、「くも膜下出血」。
○脳出血、脳梗塞に比べると、患者の数は少ないが、突然死する場合もある、非常に恐ろしい病気。

「くも膜下出血」っていうのは、脳を保護する三重の膜の内の一つ、「くも膜」の下(内側、脳側)にたくさんある血管が傷んで切れて血が出る病気です。

でも、普通の血管はそう簡単に、切れたりしませんよね。
やっぱり、血管が傷んで切れて血が出る、って事は何か原因があるんですよ、傷みやすい。

その原因はいくつかあるので、今日はくも膜下出血の種類と原因について話していきますね。

●くも膜下出血の種類と原因

くも膜下出血の原因の75~90%は脳動脈瘤破裂、5~10%は、脳動静脈奇形の破裂、残りの5~10%は、高血圧性脳内出血や、もやもや病、脳腫瘍、脊髄の動静脈奇形等の、その他の病気と言われています。

では、それぞれについて、解説していきましょう。

○脳動脈瘤破裂

くも膜下出血の原因で最も多く、約75~90%です。
風船に空気をどんどん入れていって、風船がすごーく大きく膨らむと、いつか破裂しますよね。
風船の外側のゴムの量は同じなのに、風船が大きくなると、その分ゴムが薄くなるから、割れやすくなるんです。

イメージ的には、バラエティー番組で、風船がものすごーく大きくなって、いつ破裂するか、ハラハラする感じですよ。

そこまで大きくなって破裂する、まではいかなくても、大きくなれば、ちょっとした刺激で破裂しやすくなりますよね。
風船のように空気が入るわけではないですけど。
血管の中には血液が流れているので。

そいで、圧力がずーっとかかり続けて、血管の一部が「こぶ」の様になる事があるんです。
そういうのを、「脳動脈瘤」と言います。

その中でも、ほとんどの場合、脳の動脈の分岐部(枝分かれ部分)にできた動脈瘤というコブ(脳動脈瘤)が破裂して起きます。
それが、「脳動脈瘤破裂」です。

「脳動脈瘤」がなぜできるかって事は、あまりはっきりした事はわかっていないんですが。

一般的には、動脈分岐部の壁に、生まれつき弱い部分があって、そこに血液の流れ,加齢による動脈硬化や高血圧などが加わって動脈瘤が発生すると考えられています。

動脈の壁に生まれつき弱い部分がある、っていうのは、風船で言うと、元々ゴムが薄かった、やぶれやすかったって事っす。
血液の流れ,加齢による動脈硬化や高血圧などが加わってっていうのは、血流が強い=血圧が高い。
そいで、年も取って動脈硬化も進むって事っすから。

風船の中に入れる空気の量が多かった、って事でしょうかねー。
ま、あくまでもイメージですけどね。

○脳動静脈奇形破裂

くも膜下出血の約5~10%は、脳動静脈奇形の破裂によって起こるといわれています。

脳内の動脈と静脈が異常な血管の塊(異常血管網)を通して、直接つながっている「血管の奇形」です。
静脈っていうのは、元々動脈に比べて、血液が流れる圧力が弱いですから、血管の壁が動脈よりも、「もろい」んですよ。

動脈と静脈がつながっているから、弾力性の弱い静脈に動脈側の強い圧力がかかるので、静脈壁や異常血管が破裂して出血しやすくなります。

脳動静脈奇形は生まれつきのもので、20~40代の比較的若い人に発症するケースが多くみられます。

○高血圧性脳内出血

高血圧になると、血流による強い圧力が脳内の細い動脈壁にかかり続けるために、血管壁が弾力性を失ってもろくなり出血しやすくなります。

高血圧は脳出血の大きな原因の一つですが、出血がくも膜下腔に及ぶこともあり、その場合はくも膜下出血として扱われます。
頻度的には、くも膜下出血の原因全体の数%と多くはありません。

高血圧に関しては、これを読んで勉強してね!
★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
→ http://mailzou.com/get.php?R=5889&M=385

○その他

もやもや病、脳腫瘍、脊髄の動静脈奇形によって、くも膜下出血が起こるケースもあります。

って事で、今週はくも膜下出血の種類と原因についてでした。

そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●くも膜下出血の種類と原因
○脳動脈瘤破裂
くも膜下出血の原因で最も多く、約75~90%。
脳の動脈にできた動脈瘤というコブ(脳動脈瘤)が破裂して起きる。
○脳動静脈奇形破裂
くも膜下出血の5~10%位。
○高血圧性脳内出血
くも膜下出血の原因の数%程度と多くはない。
○その他
もやもや病、脳腫瘍、脊髄の動静脈奇形等の病気