●くも膜下出血とは

○「脳」は非常に大事な臓器なので、「3重の膜」で覆われている。

○そのうち、「くも膜」の下(内側、脳側)にたくさんある血管が傷んで切れて血が出る病気が、「くも膜下出血」。

○脳出血、脳梗塞に比べると、患者の数は少ないが、突然死する場合もある、非常に恐ろしい病気。

●くも膜下出血の種類と原因

○脳動脈瘤破裂
くも膜下出血の原因で最も多く、約75~90%。
脳の動脈にできた動脈瘤というコブ(脳動脈瘤)が破裂して起きる。

○脳動静脈奇形破裂
くも膜下出血の5~10%位。

○高血圧性脳内出血
くも膜下出血の原因の10%程度。

○その他
もやもや病、脳腫瘍、脊髄の動静脈奇形等の病気
「くも膜下出血」っていうのは、脳を保護する三重の膜の内の一つ、「くも膜」の下(内側、脳側)にたくさんある血管が傷んで切れて血が出る病気です。
で、その原因で最も多いのは、「脳動脈瘤破裂」って話でした。

そいじゃあ、くも膜下出血になったらどんな症状がでるのか、って事で、今日は「くも膜下出血の症状」についてです。

●くも膜下出血の症状

主な症状は、激しい頭痛、嘔吐、意識障害などです。
では、それぞれについて、見ていきましょー!

○激しい頭痛
風邪とか二日酔いとか、そういうのでも頭痛はしますが。
「くも膜下出血」は、頭痛を認める病気の中で、最も怖い病気の一つです。
典型的な症状は、よく、「ハンマーで殴られたような」とか、「今まで経験したことのない」と表現される突然の頭痛です。
「風邪をひいたような頭痛」を訴えることもありますが、ほとんどの場合、激しい突然の頭痛を呈します。

○嘔吐
「おえーっ」てなる、吐気や、実際に物を吐く事もあります。
また、吐気を伴わずに突然、胃の内容物を吐き出すことがあります。

○意識障害
出血の量が少ない場合には、一瞬意識を失っても、数分で回復することが多いっす。
重症例では、無表情になり、刺激を与えても反応しなかったり、あお向けの姿勢で手足を突っ張り、弓なりに反り返ったり、昏睡から覚めないまま死に至ることもあります。

○項部硬直
首のあたりがこわばって痛み、前に曲げられなくなります。
発症してから時間がたつと現れてくる症状です。
仰向けに寝て貰って、首を持って前に押して、首が硬くないか。
そういう「テスト」みたいなのを、我々医者はやりますね。
頭痛とか、そういう症状があって「くも膜下出血」が疑われる患者が、病院に来た場合。
ま、一般の人にはあんまり関係ないかもしれませんけどね。

○眼底出血
眼球の網膜がある眼底に出血が起こると、目に障害が現れます。
頭蓋内圧が高まって出血したもので、視力が低下することもあります。
目の障害は発症直後にみられるケースが多いみたいです。

○脳出血を伴う場合の症状
くも膜の下、くも膜下腔だけでなく、高血圧などが原因で脳の動脈が破れて、脳内にも出血すると、脳の働きに支障をきたすことがあります。
脳の外側だけでなく、「脳そのもの」がやられちゃうので。
そうなると、脳出血と同じ様な症状が出ます。
具体的には手足の麻痺、感覚の低下、ろれつが回らない、言葉が出てこない、といった言語障害などの症状です。
高血圧に関しては、これを読んで勉強してね!

→ ★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://mailzou.com/get.php?R=5889&M=385

「くも膜下出血」で最も重症の場合は、呼吸が止まって即死する方もいます。
また、意識障害を起こして救急車で搬送される人から、比較的軽症で、頭痛のみを訴えて日中の外来を歩いて受診する人まで、本当にいろんなケースがあります。

軽症例以外、たいていは救急車で病院に搬送されることが多く、頭痛、血圧上昇や嘔吐がみられる事が多いです。
くも膜下出血を見逃して医療訴訟になったとか。
治療が悪くて訴訟を起こされたとか。
そういう例が今までにいくつかあるんですよー。

患者にとっても非常に怖い病気ですが。
私のような医者にとっても、別の意味で怖い病気です。
って事で、今週はくも膜下出血の症状についてでした。

そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●くも膜下出血の症状
○激しい頭痛
いろんな頭痛がありますが、激しい痛みの事が多いです。
○吐気、嘔吐
○意識障害
○項部硬直
○眼底出血
○脳出血を伴う場合の症状
手足の麻痺、感覚の低下、ろれつが回らなかったり
言葉が出てこないといった言語障害などの症状。