●くも膜下出血とは

○「脳」は非常に大事な臓器なので、「3重の膜」で覆われている。

○そのうち、「くも膜」の下(内側、脳側)にたくさんある血管が傷んで切れて血が出る病気が、「くも膜下出血」。

○脳出血、脳梗塞に比べると、患者の数は少ないが、突然死する場合もある、非常に恐ろしい病気。

●くも膜下出血の種類と原因

○脳動脈瘤破裂
くも膜下出血の原因で最も多く、約75~90%。
脳の動脈にできた動脈瘤というコブ(脳動脈瘤)が破裂して起きる。

○脳動静脈奇形破裂
くも膜下出血の5~10%位。

○高血圧性脳内出血
くも膜下出血の原因の10%程度。

○その他
もやもや病、脳腫瘍、脊髄の動静脈奇形等の病気

●くも膜下出血の症状

○激しい頭痛
○吐気、嘔吐
○意識障害
○項部硬直
○眼底出血
○脳出血を伴う場合の症状
手足の麻痺、感覚の低下、ろれつが回らなかったり
言葉が出てこないといった言語障害などの症状。

●くも膜下出血の検査と診断

○問診
○頭部CT、MRI
○脳血管撮影
○腰椎穿刺、等
脳の表面で、「くも膜」の下(内側、脳側)にある血管が、
傷んで切れて血が出る病気が、くも膜下出血です。
その原因で最も多いのは、「脳動脈瘤破裂」で、頭痛や吐気、意識障害などの症状が出るんです。
そして、問診や頭のCTなんかをやって診断する、って話でした。

そいじゃあ、くも膜下出血って診断された後の話、って事で。
今日は、くも膜下出血の治療についてです。

●くも膜下出血の治療

くも膜下出血ってのは、非常に恐ろしい病気なんです。
一度起こってしまうと、およそ半分の方が、突然死するか、命だけは助かったとしても、重い後遺症が残ってしまいます。
くも膜下出血が起きると、最初の出血から24時間以内、(特に6時間以内)に再出血することが多いんですよ。
出血を繰り返すたびに重症化して死亡率も高くなるので、早い時期に治療をするのが大事なんですよー!
ちなみに、再出血した場合、約半数は死亡します。
ホントはそうならない為に、予防が必要なんですよ。
その為には、これを読んで勉強して下さいね!

★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://www.muryoj.com/get.php?R=826&M=874

□くも膜下出血、急性期の治療

▲外科手術
発作を起こした直後から2週間くらいの事を「急性期」って言います。
この時期の治療の基本は、脳神経外科で行われる「手術」です。
再出血、再破裂を起こすと、脳のダメージも大きくなるし、かなりの確率で亡くなりますので。
再出血、再破裂を防止する為に行われる治療が手術です。
代表的な手術法には、「開頭手術」と「血管内手術」の2通りの方法があります。

○開頭手術(クリッピング手術)
脳動脈瘤が破裂したら、ほとんどの場合は、脳動脈瘤の「クリッピング手術」が行われます。
まず、全身麻酔をして、ドリルのような器具を使って頭蓋骨の一部を取り除いて、脳を露出します(開頭術)。
そしたら、脳の表面の破裂した動脈が見えるので。
手術用の顕微鏡を使って、脳動脈瘤を剥離して、破裂した動脈瘤の根元を金属製のクリップではさんで、(クリッピング)、動脈瘤を包み補強して(コーティング)、再出血を予防します。

最後に、頭蓋骨を元通りにして皮膚を縫合します。
クリップで脳の動脈瘤のところを挟む手術なので、脳動脈瘤の「クリッピング手術」って呼びます。
なかなかイメージできないでしょうから。
「絵」を示しますね。

こんな感じです。
http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp/edemiru/kumomakka/chiryou.html

実は、手術の後が大変なんですよね、くも膜下出血って。
時間が経った後に、いろいろと難しい問題があるんですよ。
出血した後4~10日間は、脳の動脈瘤が収縮(脳血管攣縮)して脳に血液が流れにくくなったり(ひどい場合は脳梗塞)、数週間後には髄液の循環障害のため正常圧性水頭症をきたす場合があるので、非常に慎重な治療が必要になります。

○血管内手術(コイル塞栓術)
開頭手術と違って、血管内手術ですから。
この治療は、頭蓋骨を切り開く必要がないんですよ。
X線を見ながら、足の付け根の動脈に針をさして、そこからカテーテル(細いチューブ)を入れて、大動脈を通して頭の脳動脈瘤まで持って行きます。

このカテーテルを通して、すごーく細いプラチナ製のコイルを、脳動脈瘤の中に詰める手術です。
脳動脈瘤内に血液が流れ込むのを遮断することで破裂を予防します。
脳動脈流の中に血液が流れて、その圧力で破裂するわけですから。
動脈瘤の中に詰め物をして、血液が流れるのを防ぐ、って治療です。
この血管内治療(コイル塞栓術)は、全身麻酔または軽い鎮静剤を点滴して行われます。
こっちもイメージするのは難しいでしょうから。

この「絵」を参考にして下さいね!
→ http://www.brainaneurysm.jp/treatment.html

血管内手術は、結構最近の治療なんで。
施設によっては、できない所もあるんですけどね。
どっちの治療がベストかっていうのは、脳外科医の先生が判断して決定します。

って事で、今週はくも膜下出血の治療についてでした。

そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●くも膜下出血の治療
▲外科手術
○開頭手術(クリッピング手術)
頭蓋骨の一部を取り除いて、脳を露出(開頭術)。
そして破裂した脳動脈瘤の根元を金属製のクリップではさんで、
再出血を予防する手術。
○血管内手術(コイル塞栓術)
細いプラチナ製のコイルを、脳動脈瘤の中に詰める手術。
脳動脈瘤内に血液が流れ込むのを遮断することで破裂を予防する。