今週からは気分を改めて、脳卒中シリーズの、「一過性脳虚血」についてやっていきますからね!
さあ、今日も元気にいきますよ~♪
「脳卒中」っていう病気そのものはなくって、「脳出血」、「脳梗塞」、「くも膜下出血」などを合わせた、いわゆる「総称」です。
この3つで、脳卒中の97%位を占めるんで。
まずは、その3つについて、メルマガで解説してきたんですけど。
それ以外にも、あるんですよ、実は。
そのうちの一つが、「一過性脳虚血」です。
これ、非常に大事なので、良く覚えておいて下さいね!

●一過性脳虚血ってどんな病気?

「一過性脳虚血」っていうのは、医学用語なんで。
少し、とっつきにくいかもしれませんが。
例によって、日本語なので、少し分解してみますか。
「一過性(いっかせい)」って言うのは、医学用語で「一時的に」って事です。

まあ、医学以外に使うこともあるので、知ってる方も多いとは思いますけどね。
で、「脳」ですが、これはそのまんまですね(笑)

そして、「虚血(きょけつ)」
これは完全に医学用語ですね。
前にも出て来た事がありますけど。
医学用語で「虚血」って言うのは、「血が行かなくなる」って言う意味です。

まとめると。
「一過性脳虚血」って言うのは、「一時的に脳に血が行かなくなる」という意味になります。
病気としても、まあ、これ「そのまんま」です。

「一時的に脳に血が行かなくなる病気」です。
ちなみに、脳に行く血管が詰まって、「ずーっと脳に血が行かなくって、脳細胞が死んでしまう病気」って分かります?
はい、正解。
「脳梗塞」です。

前からこのメルマガを読んで頂いた読者の方は、わかりましたよね。
最近読み始めた方や、前から読んでいたけど正解できなかった人は、ここで覚えて下さいね!

それでは、話を元に戻して。
何で、一時的にとはいえ、脳に血が行かなくなるか、って話なんですけどね。
まあ、簡単に言うと、血管が細いからですよ。
血管が太いっていうか、健康な人は、一時的にでも、脳に血が行かないって事はないですからね、普通。
じゃあ、なんで血管が細くなるかって言うと。

はい、また出てきましたね。
「動脈硬化」
これ、その名の通り、血管が硬くなって細くなるって事だから。
動脈硬化が起こったから、血管が細くなったんですよー。
動脈硬化はなんで起こるかっていうと。
一番の原因は、加齢。
まあ、年を取るのはしょうがないんですが。
それ以外にも、高血圧や糖尿病、高脂血症といった病気や、タバコを吸ったりしても、動脈硬化は進むんですよ。
これも、もう知っている人の方が多いですよね!

動脈硬化を進めないためには、高血圧や糖尿病、高脂血症等の生活習慣病を予防する、そしてタバコを止める事が重要なんですよ。

で、例によって、例のごとく。
生活習慣病の予防には、これを読んでね!
★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://www.sugowaza.jp/reports/get/3827/3664/
★ 日本一わかりやすい!「糖尿病」
http://www.sugowaza.jp/reports/get/3827/3804/

「一過性脳虚血」では、一時的にとはいえ、脳に血が行かなくなりますから。
それによっていろんな症状が出たりするんですが。
そこらへんについては、次回以降で、って事で。
今週からは「一過性脳虚血」についてでした。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●一過性脳虚血とは
○一時的に脳に血が行かなくなる病気
○原因は、動脈硬化等
○様々な症状を引き起こす