脳卒中シリーズの、「一過性脳虚血」について。
まずは、前回までの復習。

●一過性脳虚血とは

○一時的に脳に血が行かなくなる病気
○原因は、動脈硬化等
○様々な症状を引き起こす

●一過性脳虚血の原因

○動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなって、かつ
1,一時的に脳に行く動脈が詰まった場合
2,一時的に血圧が下がった場合
「一過性脳虚血」っていうのは、「脳卒中」に含まれ、「一時的に脳に血が行かなくなる病気」です。
で、その原因として、動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなって、更に、一時的に血管が詰まったり、血圧が下がる事による、って話でした。
で、一時的に脳に行く血管が詰まると、どんな風になるの?
って事で、今日は「一過性脳虚血」の症状についてです。

●一過性脳虚血の症状

一過性脳虚血っていうのは、動脈硬化が進んで脳に行く血管が細くなって一時的に症状が出る病気だから。
言い方を変えると、脳梗塞の前触れ(前駆症状)なんですよ。
「脳梗塞」っていうのは、脳に行く血管が「完全に」詰まる病気。
「一過性脳虚血」は、脳に行く血管が「一時的に」詰まる病気。
ですからね。
だから、一過性脳虚血の症状は、脳梗塞の症状とほぼ同じです。
違うのは、「一時的に」症状が出て、それが時間が経つと治る。
って事です。

ほとんどの場合、症状は数分~数十分で、24時間以内に跡形もなく消失します。
では、具体的な症状を上げていきましょう。

○片方の目が見えなくなる
脳に行く血管の中で、内頚動脈っていう動脈があるんですが。
ここから枝分かれしている眼に行く動脈の血流が障害されると、片方の目が見えなくなります。
これを専門用語で一過性黒内症って言います。
○体の半分(顔を含む)がしびれる
半身の感覚をつかさどる神経が障害されて、しびれを感じます。
○手足に力が入らなくなる
手足の運動にかかわる脳の部分が障害されると、半身全体に運動障害が起きます。
食事中に「はし」を落としたり、なんかですかね、例えば。
手足のしびれと動きが悪くなるのは、一緒に起きることが多いです。
○ろれつが回らない
舌や唇の運動障害により、言葉がうまく話せなくなります。
○言いたいことがあっても言葉が出てこない
言語にかかわる中枢が障害されると、話したいのに、言葉が出てこなくなります。
人の話す言葉が理解できない、って症状が現れることもあります。
○物が突然2重に見え始める
目の後ろにある、目を動かすための神経が障害されると、物が2重に見えるようになります。
一過性脳虚血の症状は、脳梗塞の時とほぼ同じなんですが。
もう少し、詳しく書いてみました。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●一過性脳虚血の症状
○片方の目が見えなくなる
○体の半分(顔を含む)がしびれる
○手足に力が入らなくなる
○ろれつが回らない
○言いたいことがあっても言葉が出てこない
○ものが突然2重に見え始める
これらの症状がほとんどの場合、数分~数十分で、24時間以内に跡形もなく消失する。