脳卒中シリーズの、「一過性脳虚血」について。
まずは、前回までの復習。

●一過性脳虚血とは

○一時的に脳に血が行かなくなる病気
○原因は、動脈硬化等
○様々な症状を引き起こす

●一過性脳虚血の原因

○動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなって、かつ
1,一時的に脳に行く動脈が詰まった場合
2,一時的に血圧が下がった場合

●一過性脳虚血の症状

○片方の目が見えなくなる
○体の半分(顔を含む)がしびれる
○手足に力が入らなくなる
○ろれつが回らない
○言いたいことがあっても言葉が出てこない
○ものが突然2重に見え始める
これらの症状がほとんどの場合、数分~数十分で、24時間以内に跡形もなく消失する。

●一過性脳虚血の検査と診断

○頸動脈エコー
○頭のCT,MRI,MRA等
「一過性脳虚血」って病気は脳卒中の一種です。
動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなり、更に、一時的に血管が詰まったり、血圧が下がる事により症状が出る。
そして、検査にはCTやMRIを用いるって話でした。

じゃあ、検査で「一過性脳虚血」ってわかったらどうするの?
って事で、今日は、一過性脳虚血の治療についてです。

「一過性脳虚血の症状」でも書きましたけど。
一過性脳虚血っていうのは、動脈硬化が進んで脳に行く血管が細くなって一時的に症状が出る病気だから。
言い方を変えると、「脳梗塞の前触れ(前駆症状)」なんです。
「脳梗塞」っていうのは、脳に行く血管が「完全に」詰まる病気。
「一過性脳虚血」は、脳に行く血管が「一時的に」詰まる病気。
ですからね。

一過性脳虚血を治療しないで放っておくと、脳梗塞になっちゃうんですよー。
一過性脳虚血は、「一時的に」脳に血が行かなくなるだけだから、数分~数時間経てば、症状がなくなりますけど。
「脳梗塞」になったら、完全に脳細胞が死にますから。
死んだ脳細胞は、元に戻らないんですよ。

だから、「一過性脳虚血」って診断した段階で、きちんと治療をしなければなりません。
一過性脳虚血を治療しないで放っておいた場合。
脳梗塞になる確率は、1年以内で約10%。
5年以内で約30%って言われています。
特に一過性脳虚血の症状が出て、「24時間以内」に脳梗塞になる可能性が高いので、要注意ですよ!

●一過性脳虚血の治療

○内科的治療(薬物治療)
一過性脳虚血になる人っていうのは、動脈硬化が進んで、血管が細く、そしてもろくなっているんです。
で、血液も固まりやすい状態、いわゆる「どろどろ血液」って状態になっているんですよ。
固まりやすい血液が、血管の細いところを流れる。
そして、血管はもろい。
そうなると、血管が詰まりやすいって事ですよ、要するに。
じゃあ、血管が詰まりにくくなる薬を飲みましょう。
ってのが、薬物療法ですね。

簡単に言うと、「血液をさらさらにする薬」を飲みます。
医学用語でこの薬を、「抗血小板薬」って言います。
また、しょっちゅう発作がおこるような場合は、飲み薬だけでなく、点滴をして積極的に血栓を溶かす「血栓溶解療法」って治療をします。
でも、所詮この「薬物治療」っていうのは。
「脳に行く血管が詰まりにくくなる。」ってだけなんですよ。
だって、動脈硬化が進んで狭くなった血管が、薬を飲んだからって広がるわけじゃないんですから。
こういうの、対症療法っていうんですよ、専門用語で。
だから、一過性脳虚血にならない、「予防」が大事、って事っす。
その生活習慣病の予防には、これを読んでね!

★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://www.muryoj.com/get.php?R=826&M=874
★『日本一わかりやすい!「糖尿病」』
http://www.muryoj.com/get.php?R=824&M=874

って事で、今日は「一過性脳虚血の治療」についてでした。
次は、その他の治療について書いていきますからね!

そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●一過性脳虚血の治療
○内科的治療(薬物治療)
ただし、狭くなった血管を広げるわけではない。