脳卒中シリーズの、「一過性脳虚血」について。
まずは、前回までの復習。

●一過性脳虚血とは

○一時的に脳に血が行かなくなる病気
○原因は、動脈硬化等
○様々な症状を引き起こす

●一過性脳虚血の原因

○動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなって、かつ
1,一時的に脳に行く動脈が詰まった場合
2,一時的に血圧が下がった場合

●一過性脳虚血の症状

○片方の目が見えなくなる
○体の半分(顔を含む)がしびれる
○手足に力が入らなくなる
○ろれつが回らない
○言いたいことがあっても言葉が出てこない
○ものが突然2重に見え始める
これらの症状がほとんどの場合、数分~数十分で、24時間以内に跡形もなく消失する。

●一過性脳虚血の検査と診断

○頸動脈エコー
○頭のCT,MRI,MRA

●一過性脳虚血の治療

○内科的治療(薬物治療)
○手術
1)頸動脈内膜剥離術(外科手術)
2)経皮的血管形成術(頚動脈ステント、血管内手術)

「一過性脳虚血」って病気は動脈硬化が進んで、脳に行く血管が細くなって一時的に血管が詰まったり、血圧が下がる事により症状が出る病気です。
そして、検査にはCTやMRIを使って診断する。
治療には、薬や外科手術、血管内手術がある、って話でした。

そいじゃあ、今日は一過性脳虚血にならないために。
って事で、「一過性脳虚血の予防」についてです。

●一過性脳虚血の予防

もう、さんざん言っている事なので。
わかっている方も多いとは思いますが。
なんで一過性脳虚血になるかっていうのを、わかりやすく図にしてみますね!

○一過性脳虚血になる過程
おいしい物を食べ過ぎる、運動不足、喫煙などの生活習慣
→ 血圧、血糖、コレステロールなどの上昇、肥満
→ 高血圧、糖尿病、高脂血症といった、生活習慣病
→ 動脈硬化が進む
→ 頭に行く血管(頸動脈)が狭くなって、硬く、もろくなる
→ 一過性脳虚血
そんな感じです。
まあ、肥満じゃないのに、一過性脳虚血になる人もいるし。
おいしい物はそんなに食べていない、とか。
脳梗塞とかになりやすい家系っていうのもありますから。
全部が全部ではないですけどね。
一過性脳虚血っていうのは、「脳梗塞になりかけの状態」とも言えるんですよ。

治療せずに放置すると、30%以上は脳梗塞になります。
だから、このまま行けば、
→ 頭に行く血管(頸動脈)が狭くなって、硬く、もろくなる
→ 一過性脳虚血
→ 脳梗塞
となって、「脳梗塞」になっちゃう可能性が高いんですよー。

脳梗塞っていうのは、脳に行く血管が詰まって、脳細胞が死ぬ病気ですから。
大きな麻痺が残ったり、言葉が話せなくなったり。
下手したら、死んでしまう病気なんですよ。
だから、脳梗塞の一歩手前、一過性脳虚血になるその前の段階で止めたいんですよね。
それが、一過性脳虚血の予防です。

じゃあ、どうすれば良いかっていうと、さっきの図で、一過性脳虚血の前の段階。
→ 高血圧、糖尿病、高脂血症といった、生活習慣病これを予防できれば、良いんですよ。
これらは、生活習慣病っていう位ですから。
食事や運動等の生活習慣、そしてタバコなんかが関係している場合が多いんですよ。
だから、生活習慣を改善して、生活習慣病にならないようにする、って事が一番大事です。
具体的には、これを読んで、生活習慣病、一過性脳虚血を予防してね!

★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://tinyurl.com/2xlpft
★『日本一わかりやすい!「糖尿病」
http://tinyurl.com/yp8j43
って事で、今日は「一過性脳虚血の予防」についてでした。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。

【今日のまとめ】

●一過性脳虚血の予防
○一過性脳虚血になる過程
おいしい物を食べ過ぎる、運動不足、喫煙などの生活習慣
→ 血圧、血糖、コレステロールなどの上昇、肥満
→ 高血圧、糖尿病、高脂血症といった、生活習慣病
→ 動脈硬化が進む
→ 頭に行く血管(頸動脈)が狭くなって、硬く、もろくなる
→ 一過性脳虚血
→ 脳梗塞
この図の、一過性脳虚血の前段階。
生活習慣病を予防することが一過性脳虚血の予防である。
具体的には、これを読んでね!
★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
http://tinyurl.com/2xlpft
★『日本一わかりやすい!「糖尿病」
http://tinyurl.com/yp8j43