━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ やぶ医師のひとりごと         第 74 号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 H19年6月1日発行 購読者数 10620名
────────────────────────────────
ブログ: http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/
  __________________________
  <本日のテーマ>    閉塞性動脈硬化症
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先週まで、長ーい、長ーい「脳卒中」シリーズでしたけど。
今日からは、気分を新たに新しい病気について、
勉強していきますよ!
さあ、今日も元気にいきますよ~♪
本日から勉強する新しい病気は。
「閉塞性動脈硬化症(ASO)」です。
なんとなく、日本語からイメージできると思いますけど。
動脈硬化が進んで、なる病気なんですよー。
病気の名前に動脈硬化症って書いてあるから、
わかった人も多いと思いますけど。
でも、実は。
医療関係者は、この名前を使う人、少ないんですよ。
なんでかって。
病名が長いから(笑)
だから、略語を使う事が多いです。
閉塞性動脈硬化症っていうのは、英語で
ArterioSclerosis Obliterance
なんで。
略して、ASO(エーエスオー)って呼ぶ事が多いです。
同じ略語でも、科によっていろんな略語があって。
混乱する事も多いんですけどね、医療現場って。
でも、ASO(閉塞性動脈硬化症)に関しては、
ほとんど、どの科でも共通の略語ですので。
覚えておいて、損はないですよ!
●閉塞性動脈硬化症(ASO)とは
動脈硬化っていうのは、何回もこのメルマガで書いていますが。
血管が硬くなって、もろくなって、そして細くなる。
そういう病態です。
動脈硬化が進むと、特に足の場合。
足の動脈が狭くなったり(狭窄)、ふさがったり(閉塞)して、
足がいつも冷たかったり、しびれたり。
それに、歩くとふくらはぎの筋肉が痛くなる、
といった症状が出てくるんですよ。
この様な病気の事を、「閉塞性動脈硬化症」と呼んでいます。
動脈硬化っていうのは全身の血管に起こりますけど。
特に閉塞性動脈硬化症(ASO)の場合は、
お腹から太股の付け根~真ん中辺りの動脈。
専門用語でいうと、大動脈下部から大腿動脈の範囲で
血管が狭くなる事が多いです。
極端な話。
閉塞性動脈硬化症(ASO)だけが進んで。
足が冷たくなったり、痺れたり、歩くと痛くなったり。
それだけだったら、死なないから。
まあ、いっか。
って言い方も、できなくはないんですけどね。
でも、動脈硬化、っていうのは、「全身の血管」で進むんですよ。
足の血管だけ、動脈硬化が進んで細い。
って事は、普通はありません。
いろんな血管で動脈硬化が進んでいる事が多いんですよ。
と、いうことは。
頭や心臓に行く血管が細いかもしれないんですよー。
そしたら、脳梗塞や心筋梗塞になっちゃいますからね。
だから、閉塞性動脈硬化症(ASO)がある人は、
要注意なんですよ!
足の血管が細くなる原因の「動脈硬化」。
その動脈硬化の一番の原因は、加齢。
それ以外にも、高血圧や糖尿病、高脂血症といった病気や、
タバコを吸ったりしても、動脈硬化は進むんでしたね。
一番大事なのは、閉塞性動脈硬化症(ASO)にならない事ですよ♪
その為には、これを読んで生活習慣病を予防してね!
 ★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
 http://www.muryoj.com/get.php?R=826&M=874
 ★『日本一わかりやすい!「糖尿病」』
 http://www.muryoj.com/get.php?R=824&M=874
って事で、今日は「閉塞性動脈硬化症(ASO)」についてでした。
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のまとめ】
●閉塞性動脈硬化症(ASO:エーエスオー)とは
動脈硬化が進んで、足の動脈が狭くなったり、
ふさがったりする。
その結果、足がいつも冷たかったり、しびれたり。
歩くとふくらはぎの筋肉が痛くなるなどの
症状が出る病気。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━