━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ やぶ医師のひとりごと         第 78 号  ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 H19年6月29日発行 購読者数 10593名
────────────────────────────────
ブログ: http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/
  __________________________
  <本日のテーマ>    閉塞性動脈硬化症5
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「閉塞性動脈硬化症(ASO)」について。
まずは、前回までの復習
●閉塞性動脈硬化症(ASO:エーエスオー)とは
 動脈硬化が進んで、足の動脈が狭くなったり、
 ふさがったりする。
 その結果、足がいつも冷たかったり、しびれたり。
 歩くとふくらはぎの筋肉が痛くなるなどの
 症状が出る病気。
●閉塞性動脈硬化症で細くなる動脈
 ○総腸骨動脈:ふとももの付け根
 
 ○膝窩動脈:膝の裏側
 ○足背動脈:足の甲の真ん中付近
 ○後脛骨動脈:くるぶしの下
これらの動脈は、自分で触れることができる。
脈の触れが弱ければ、閉塞性動脈硬化症の可能性もある。
●閉塞性動脈硬化症の症状 (Fontaine分類)
 ○I度:「しびれ・冷感」
 ○II度:「間歇性跛行」
 ○III度:「安静時痛」
 ○IV度 :「潰瘍、壊死」
●閉塞性動脈硬化症の検査
 1,問診
 2,動脈拍動触診(足背動脈)
 3,上肢(手)下肢(足)の血圧測定
 4,CT・MRI(MRA)
 5,血管造影検査、等
閉塞性動脈硬化症(ASO:エーエスオー)って病気は、
足の動脈が狭くなったり、詰まったりする病気です。
そして、重症になるにつれて、しびれ・冷感などの症状や、
歩くと足の筋肉が痛くなったり、安静時でも足が痛くなったり、
足に潰瘍ができたり、腐ったりする。
そして、問診やCT、血管造影なんかの検査をする、って話でした。
そいじゃあ、今日はこういう検査をして、
閉塞性動脈硬化症(ASO)って診断したら、どんな治療をするの?
って事で、閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療についてです。
●閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療
閉塞性動脈硬化症(ASO)っていう病気は、
足の血管が狭くなったり、詰まったりする病気です。
その結果、足に行く血液の量が減って、
足のしびれ、冷感、痛みなどの症状が出るのですから。
「足に行く血液の量を増やしてあげる」っていうのが、
閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療になります。
1:薬物療法
いわゆる、「血液をさらさらにする薬(抗血小板薬)」
という薬を中心に、飲み薬を飲んでもらいます。
それと、血管を広げて、血液の流れを良くする飲み薬
なんかも使いますかねー。
「飲み薬」だけでは十分じゃなくなったら、
そういった薬の「注射」を追加します。
2:非観血的血行再建術
難しい名前ですけど。
外科手術をしないで、内科的に血管を広げる治療です。
○血管拡張術・経皮的血管形成術、ステント治療
(percutaneous transluminal angioplasty; PTA)
狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の検査、治療でもでてきましたね。
「カテーテル検査」ってやつ。
カテーテルっていう管を使って、それで足の血管の狭い所、
詰まっている所に風船を持っていって。
風船に圧力をかけて、膨らませて、
血管を広げる治療です。
場合によっては、その後に「ステント」っていう
金属性の管を血管の中で拡張させます。
詰まった血管が長いと手術をするしかないんですが。
閉塞部が短いものには、内科的治療を行う事が多いです。
3:手術
1)血行再建術
 a) 血栓内膜除去術
閉塞部が太い血管で、短い範囲の時は、
血管を切開して、閉塞部の動脈硬化病変(血栓)を取り除きます。
動脈切開部は狭くならないよう、
患者の静脈を使用して血管を広くします。
 b)動脈形成術
足の動脈で、一番太い部分は閉塞しているけれども、
筋肉の間を通っている細い血管は流れている。
そこを通って末梢へ血流が行っている場合、ってあるんです。
そういう時には、その血管を太くして血液の流れをよくします。
 c)バイパス手術
閉塞部が長い時は、人工血管や自分の静脈を
詰まった血管の中枢側(腰の側)と末梢側(足の側)
とでつないで、「バイパス」を作ります。
もっとも多く行われる手術で、大変有効な手術です。
本当はその中でも、腰と太股、太股と膝下、とか。
いろんな手術があるんですけどね。
2)交感神経切除術
血行再建術の行えない症例や,症状が
Fontaine分類III期以上と重症の場合に行われます。
でも、根本的な治療じゃないですから。
皮膚への血流増加作用は強いけど,
筋肉への血流増加作用は弱いので,
間欠性跛行に対する作用は弱いです。
http://www.gik.gr.jp/~skj/aso/aso.php3
参照:札幌厚生病院循環器科:閉塞性動脈硬化症
足の血管が細くなる原因の「動脈硬化」。
その動脈硬化の一番の原因は、加齢。
それ以外にも、高血圧や糖尿病、高脂血症といった病気や、
タバコを吸ったりしても、動脈硬化は進むんでしたね。
一番大事なのは、閉塞性動脈硬化症(ASO)にならない事ですよ♪
その為には、これを読んで生活習慣病を予防してね!
 ★ 日本一わかりやすい!「高血圧」
 http://www.muryoj.com/get.php?R=826&M=874
 ★『日本一わかりやすい!「糖尿病」』
 http://www.muryoj.com/get.php?R=824&M=874
って事で、今日は閉塞性動脈硬化症の治療についてでした。
おおざっぱに言うと。
軽症なら薬の治療をして。
血管が詰まっているとか、すごく狭くて重症なら、
血管を広げたり、つなげたりする治療をする。
その方法には、内科的に風船で広げる治療と、
外科手術がある、って事です。
細かい話は覚えなくて良いですからね!
そいじゃあ、今日はここまで。
いつものように、下にまとめを書いておきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のまとめ】
●閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療
1:薬物療法
2:非観血的血行再建術
 血管拡張術・経皮的血管形成術、ステント治療
3:手術
 1)血行再建術
 a) 血栓内膜除去術
 b)動脈形成術
 c)バイパス手術
 2)交感神経切除術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━